▲トップへ戻る
子どもの人生を豊かにするために「お金教育」が必要な理由

本連載は、「富のスペシャリスト」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『一生お金に困らない子どもを育てる45のルール』(PHP研究所)の中から一部を抜粋し、自分の子どもに、より豊かに、賢く生きてもらうための「お金の話」を紹介していきます。

「お金を生み出し、殖やす」ことを子どもに考えさせる

お金の教育をすると、はたして、どんな影響が子どもに出るのでしょう。お金に汚くなるのではないか? お金しか信じなくなるのではないか? 人生には、お金よりはるかに大切なことがあるというのに・・・。

 

こんな心配をする人もいるかもしれませんが、ご安心ください。すべて杞憂に終わるでしょう。それどころか、お子さんの将来に、さまざまな「よい影響」が出るはずです。「はじめに」でもいいましたね。お金と人生は切っても切れないものである、と。

 

お金の教養とは、すなわち人生の教養。お金について知れば知るほど、そして体験を積めば積むほど、より賢く、より豊かに生きることができるのです。賢くといっても、意地汚くなるとか小賢しくなるとか、人を騙してお金をかすめ取るとか、そんな話ではありません。

 

これからお話ししていくのは、お金をみずから生み出し、自分の知恵でもって殖やしていくための知識と、それを実際に体験してみるためのガイドです。たとえば、多くの人が、金額の多寡はどうあれ、子どもにお小遣いを渡していることでしょう。あるいは、子どもからすれば大金を手にする年に一度の機会、お正月のお年玉は、どう扱っていますか? 「お母さんが預かっておくね」「大事に貯金しておこうね」などといっている親御さんは、多いのではないでしょうか。

 

このように、子どもがお金と直に接するタイミングは、お金の教育をする大きなチャンスです。毎月、当たり前のようにお小遣いを受け取ったり、わけもわからずお年玉をお母さんや銀行の手に委ねたりしていては、子どもは、お金の教養を身につけられません。たとえば、お小遣いと同じだけの金額を、自分で稼ぎ出すにはどうしたらいいか? 子どもに考えさせたことのある方はまずいないでしょう。でもこれで、「働かねば得られない」ということを教えられます。

 

あるいはお年玉を元手として殖やすには、どんな方法があるのか? それには、まず限られた金額のうち、どれだけを使い、どれだけを元手にするか、つまり「消費」と「投資」というものをはっきり意識する必要があります。そこから、どこに投資をしたらいいかという「投資家マインド」が育ちます。本書でお伝えしたいお金の教養とは、こういった話です。

「教養」はお金に触れる機会を生かすことで身につく

お金の教育を通じて得られるものとは、いわば素直な好奇心と感性によってお金を生み出し、殖やし、そして自分の生き方の幅を広げていく能力です。親にとっても子にとっても、これほど刺激的でワクワクする教育はないでしょう。

 

もう、おわかりですね。正しいお金の教育をすれば、意地汚く、小賢しく、人をだまくらかすなんて性根は、育ちようがありません。では何が育つかといえば、世の中への好奇心です。現在と未来の大きな流れを読み取る頭です。どんなモノやサービスが人に求められているのかを嗅ぎ取る感性です。

 

ひと言でいえば投資家マインド、あるいはビジネスセンスといってもいいでしょう。今や、高校や大学に通いながらビジネスをする若者もいる時代です。今から始めるお金の教育を土台として、5年後、10年後、お子さんが新しい事業を始め、大きく花開かせる可能性だって、十分、あります。「大学の学費は自分で稼ぐ」なんて殊勝なことをいいだすかもしれませんよ。

 

私は証券会社に就職してから投資を学びました。でも、もし、幼いうちに親がお金の教養を身につけさせてくれていたなら、社会人になるころには一財を築いていたかも・・・なんてことを、つい考えてしまいます。

 

さらには今、親としても大いに後悔しています。社会に出てから日本の証券会社、ウォール街の第一線でがむしゃらに仕事をして、自分が稼ぐことに熱中したばかりに、私自身の息子たちや娘たちに何のお金の教養レッスンもしてこなかったのです。

 

今、あなたのお子さんは、まさにそのチャンスを手にできる立場にあるのです。この貴重な教育を授けられる時期を、みすみす逃す手はありません。起業して「お金をつくる」発想も、投資で「お金を殖やす」発想も、日々、子どもがお金に触れるちょっとした機会を生かすことで、どんどん育ち始めます。

 

それこそ月々数千円のお小遣いや、年に一度、数万円にもなるお年玉をテーマに、子どもと「どれくらい使う?」「どう使う?」といった話一つするだけでも、立派なお金の教育になります。これならば、何も大それたことをせずとも、自分で子どもにお金の教育をしてあげられると思えてきませんか?

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長

国際金融コンサルタント、投資家、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。
ウォール街での経験を生かした独自の着眼点、オリジナルの「波動理論」でイベント・相場を先読みし、 日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」の異名も持つ。
経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。
著書に『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP研究所)、 『新しいお金の流れに乗りなさい』(徳間書店)、『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!』(実務教育出版)など多数。

著者紹介

連載より豊かに、より賢く――わが子のための「お金の教養」講座

 

 一生お金に困らない子どもを育てる45のルール

一生お金に困らない子どもを育てる45のルール

菅下 清廣

PHP研究所

老後破産、下流老人などの言葉が身近になった昨今。子どもにお金の苦労をさせたくない! そう思ったら、できることはたくさんあります。本書では、「経済の千里眼」の異名をもつプロ投資家が、学校では教えてくれない「お金の話…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧