通産大臣の角栄が実践した財界人との酒席は真剣勝負の耳学問 (※写真はイメージです/PIXTA)

通産大臣時代、角栄は毎晩3つの宴席を梯子したが、秘書官によると、ほとんど酒を飲まなかったという。午後6時からスタートし、1時間刻みで宴席を回り、経済界や産業界のトップと会談し、真剣勝負の「耳学問」の場としたという。日本経済新聞記者の前野雅弥氏が著書『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】2/9(木)
高額納税を控える個人、経営者必見!
納税に強い、財務を改善する「最強の法人カード」
富裕層に大人気のラグジュアリーカード活用術! 詳細はコチラ>>>

日本企業のデジタル競争力は世界で第27位

■スマートシティ化で〝都市力〞を高める

 

IT大手である米シスコシステムズによると、世界の都市人口は2050年には2010年の1.7倍にまで拡大、その50%が都市に居住するようになるという。放置すれば過密化により都市の競争力は落ちるが、一方でスマートシティ化を推し進めれば、都市への人口の集積は力にもなる。

 

2000年から大規模なスマートシティ化プロジェクトを推し進めているスペインのバルセロナで、Wi‐Fiを都市のICTの共通基盤として整備したうえで、街の照明や水道、ごみの収集管理まで情報を徹底管理、1年間で1兆円の経済価値の増加を実現したという。集積はさらなる集積を呼び、スマート化がこの集積を力に変え、都市力を増幅させていく。

 

日本はどうか。気になるデータがある。マッキンゼー・アンド・カンパニーと在日米国商工会議所との共同調査だ。

 

2021年4月、マッキンゼーが日本経済新聞のインタビューで明らかにした調査の結果によると、デジタル技術で事業を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)や多様な人材を活用するダイバーシティ(多様性)で、日本企業は欧米企業に比べて遅れ気味であるという。日本企業のデジタル競争力は世界で第27位、デジタル人材の充実度では第22位だったというのだ。

 

電子商取引(EC)の普及率では中国の24%に対して日本はわずか9%だった。要因は諸々あるが、企業や人の受け皿となるオフィス、そして街自体のスマート化が進んでいないことが理由の1つであることは間違いない。この面でもオフィス、街のスマート化は緊急の課題と言える。

 

人の動きを管理するスマートシティは、時として非人間的な管理社会のイメージで語られることがある。確かにその危険性はあるだろう。また、生産性の向上が行き過ぎれば、経済成長率の底上げ、賃金の上昇は直結せず、むしろ富の寡占を生み出すとの指摘も一面では当たっている。

 

しかし、それが事実だとしても、スマート化や都市の高度化を否定する理由にはならない。個人情報の安全な管理や国富の再分配の公平性の問題は別途、対策を立てればいい。負の側面にとらわれて新しい技術の導入を躊躇している時間は日本にはない。

 

まず大事なのは、新型コロナウイルスの感染拡大で疲弊した国を再び富ますこと、そして潤すことだ。そのための政策が必要なのだ。

 

東京と同時に大阪や名古屋といった大都市、中核となる地方都市も併せて、同時並行的に高度化とスマート化を推し進める。それぞれの都市で、企業の競争力を底上げしながら、新技術とそれを核として成長するスタートアップ企業をインキュベート(培養・孵化)させていく体制を早急に整えることが必要になる。

 

【オンライン開催】2/16(木)開催決定
富裕層が注目する新築RC造マンション投資が誕生
日本保証の物件保証で「フルローン」の可能性も!
プレミアム・レジデンス「J-ARC」のご提案>>>>

あなたにオススメのセミナー

    ジャーナリスト

    1934年、滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒業。岩波映画製作所、テレビ東京での勤務を経て1977年フリーのジャーナリストに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。政治・経済・メディア・コンピュータなど、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。著書に『日本の戦争』(小学館)、『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』『大宰相 田中角栄 ロッキード裁判は無罪だった』(講談社)など多数。近著に『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)がある。

    著者紹介

    日本経済新聞記者

    京都府出身。1991年早稲田大学大学院政治学研究科修了、日本経済新聞社入社。東京経済部で財務省、総務省などを担当。金融、エレクトロニクスの取材を経て、産業部エネルギー記者クラブ時代は石油業界の再編、アラビア石油の権益問題などを取材した。著書に『田中角栄のふろしき 首相秘書官の証言』『ビール「営業王」社長たちの戦い 4人の奇しき軌跡』(日本経済新聞出版社)、『負債650億円から蘇った男 アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)。近著に『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)がある。

    著者紹介

    連載令和の時代に田中角栄首相だったら?新「田中角栄論」

    本連載は田原総一朗氏、前野雅弥氏の著書『田中角栄がいま、首相だったら』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    田中角栄がいま、首相だったら

    田中角栄がいま、首相だったら

    田原 総一朗 前野 雅弥

    プレジデント社

    2022年は、田中角栄内閣が発足してからちょうど50年にあたる。田中角栄といえば、「ロッキード事件」「闇将軍」といった金権政治家のイメージが強いが、その一方、議員立法で33もの法案を成立させたり、「日本列島改造論」に代…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ