個人保険を名義変更し、赤字法人の利益を底上げする方法

前回は、利益の多い会社から少ない会社へ財産を移転する方法を説明しました。今回は、個人保険を名義変更し、赤字法人の利益を底上げする方法を見ていきます。

解約返戻率が低いタイミングで法人に名義変更

ここで紹介する個人から法人への財産移転スキームは、法人が「まとまった利益が欲しい」「黒字化したい」という場合によく使われます。

 

さっそく図表で説明していきましょう。社長またはオーナーが「個人名義」で入っている、以下の図表のような生命保険があるとします。この場合、所得控除である生命保険料控除は所得税で年4万円、住民税で年2万8000円が最大です。

 

[図表]名義変更後の実態(社長個人→法人)

 

この商品を5年目に解約したとすると、5000万円の投資額よりも少ない、4750万円だけが戻ってきます。投資という観点だけでいえば、単純に元本割れの投資をした形になってしまいます。これなら、「普通に銀行預金に預けていたほうがマシだった・・・」ということにもなります。

 

そこで、個人で入っている生命保険を、解約返戻率の低い4年目経過時に法人に名義変更します。法人は、この時点の保険の価値である720万円を個人に支払い、5年目の保険料を払い込んだ(保険料は50%損金算入)後、解約したとします。

 

すると、先程の「法人から法人への財産移転」と同じように、買い取り時価720万円と、5年目の保険料1000万円(計1720万円)の投資に対して、解約返戻金4750万円が回収できます。これにより、法人の財務状況を改善することができます。この時、雑収入3530万円が計上されますが、そのまま利益がのこってしまうと法人税等の対象となります。

 

一見、大幅な投資損に思えるが・・・

一方、個人側では、4000万円の保険料を支払って、売却価格720万円を回収するだけに留まります。3280万円という大幅な投資損(ただし、一時所得内では損益通算が可能)にはなりますが、3280万円を個人のポケットマネーから法人の利益に計上できることも考えれば、メリットが出てきます。

 

個人から法人にお金を貸すと「貸付金」つまり債権となり、相続の際、個人の相続財産に含まれてしまうからです。しかも、貸付金には利息がつきものですから、その分だけさらに相続財産が増えることになります。

 

また、そもそも単純に個人が法人にお金を貸しただけでは、法人の利益が増えることにはなりません。赤字解消や赤字縮小の効果がないどころか、むしろ逆に債務が増え、決算書が汚れてしまう可能性があります。

 

このスキームでは、法人個人の資産をトータルで見ることが大事です。

GTAC(ジータック)とは株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/

著者紹介

連載生命保険を活用した「税金ゼロ」の資産移転術

本連載は、2015年6月2日刊行の書籍『生命保険で実現する税金ゼロの財産移転』から抜粋したものです。

本連載は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投資元本の利回りや運用成果等を保証するものではありません。また、本連載は、2015年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。個別の具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認いただくようお願いいたします。掲載されている保険商品のイメージ図につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時は約款や契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。

なお、本連載で示している「契約者」とは、保険料を支出する人で、契約の変更・解約などの権限を持っている人、「被保険者」とは、保険をかけられる人、その対象となる体を提供する人のことをいいます。商品パンフレット等で「逓増定期保険」「長期平準定期保険」といった表記がなされていても、税法上の保険種類とは異なる場合があります。本連載では税法に基づいた保険の名称を採用していますので、ご注意ください。

 

 

生命保険で実現する 税金ゼロの財産移転

生命保険で実現する 税金ゼロの財産移転

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

所得税、相続税、贈与税・・・財産を移転するだけで多額の税金がかかる日本。しかし、生命保険という「箱」を活用すれば、あらゆる税金を回避しながら資産移転ができるのをご存知でしょうか。 本書では、幻冬舎グループの資産…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧