ぽっこりお腹を凹ますには「鍛えるべきは下半身」の納得の理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

日々の忙しさと不摂生にかまけているうちに、なってしまった「ポッコリお腹」。ほぼ全員がまっさきに取り組むのが腹筋運動。しかし、腹筋運動には効果がないといいます。パーソナルトレーナーとして25年の経験の中野ジェームズ修一氏が著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)で解説します。

20分たたずとも体脂肪は燃えるという事実

▶Q:有酸素運動の脂肪燃焼量が多いのは?

A:20分の運動を続けて1回
B:10分の運動を3 回

 

中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。
中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。

 

正解はこっち! B:10分の運動を3 回

 

■「脂肪を燃やすには20分以上の有酸素運動」…… それ、もう古いです。

 

以前は「体脂肪は20分以上、有酸素運動を続けないと燃えない」と言われていました。しかし今では、「体脂肪は運動のスタート時から燃焼している」というのが常識です。

 

これまで、運動を始めるとまず体内の「糖」が主なエネルギー源として使われ、20分後を境に「体脂肪」に代わる、と考えられていました。でも、実際には私たちは起き上がった瞬間から体を動かしています。つまり、起床時から「糖」がエネルギー源として使われているので、20分たたずとも体脂肪は燃える、と考えられるようになったのです。

 

また、近年の研究により、20分間の連続した運動と10分間の運動2回とで比較すると、体脂肪の燃焼効果にはほとんど差がないこともわかりました。

 

ですから連続して運動しても、複数回に分けても、運動の内容や合計時間が同じであれば効果は同じ、ということです。

 

30分間続けて歩いても、1回5~10分、合計30分間を何回かに分けて歩いても、同等のカロリーを消費できるならば、わざわざまとまった時間を捻出する必要はありません。通勤・通学、日常の買い物時間などを活用できます(ただし、ただ歩くのではなく、脂肪を燃焼するペースを守りましょう!)。

 

これは、長い時間、続けて運動するのが苦手な人や、忙しくて運動に長時間割く時間のない人にとっては、うれしい話ですよね。

 

1回10分の習慣も2か月続ければ、体形や体の調子の変化も明らかに感じられます。その頃にはきっと、10分歩く程度では物足りなくなり、「もっと歩きたい」「ジョギングにチャレンジしたい」と、むしろ積極的に動きたい気持ちになっていますよ。

 

中野ジェームズ修一
PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
米国スポーツ医学会認定運動生理学士

 

 12月20日(火)開催 
【経営者・企業オーナー・高所得サラリーマン必見!】
年収1,000万円以上の人が実践している所得税・法人税対策とは?

~《速報》令和5年度税制改正についても解説~
 詳細はコチラ>>

 

↓コチラも読まれています 

「中古アパート」活用!短期「減価償却」節税を実現した新商品

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

1ドル140円台でも資産を増やすには?理にかなった投資手法

 「新築一棟賃貸マンション」が高い資産価値を維持する理由 

 

「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
    米国スポーツ医学会認定運動生理学士
    (株)スポーツモチベーション 最高技術責任者
    (社)フィジカルトレーナー協会(PTI)代表理事

    「理論的かつ結果を出すトレーナー」として数多くのトップアスリートやチームのトレーナーを歴任。とくに卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペア(藤井瑞希選手・垣岩令佳選手)、マラソンの神野大地選手の個人トレーナーとして広く知られている。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化も担当。ランニングなどのパフォーマンスアップや健康維持増進のための講演、執筆など多方向で活躍。近年は超高齢化社会における健康寿命延伸のための啓蒙活動にも注力している。自身が技術責任者を務める東京都・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」は、無理なく楽しく運動を続けられる施設として、幅広い層から支持を集め活況を呈している。主な著書に『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)、『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)などベストセラー多数。

    著者紹介

    連載理想の身体を手に入れる「失敗しない」法則

    本連載は、中野ジェームズ修一氏の著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則

    やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則

    中野ジェームズ修一

    飛鳥新社

    ダイエットを始めた日本人の8割以上が挫折する、という残念な調査結果もあります。おそらく、過去、何度もダイエットに失敗した経験を持つ方はたくさんいらっしゃるでしょう。 しかし、長年の経験をもとに、著者は断言します…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ