資産運用会社が注目…優良企業かどうかを判断する「カーボンハンドプリント」とは (※写真はイメージです/PIXTA)

企業の「脱炭素」に向けた取り組みについて、「二酸化炭素の排出をどれほど防ぐことができたか」を判断するカーボンハンドプリント。これからの時代に「魅力的な成長が期待できる企業かどうか」を判断するための優れた指標だと、アライアンス・バーンスタイン株式会社の責任投資ヘッド、臼井はるな氏はいいます。資産運用会社が注目する「次世代の銘柄選定指標」について、詳しくみていきましょう。

環境問題に寄与する運用ポートフォリオを構築

デンマークの風力タービンメーカーであるヴェスタス・ウィンド・システムズは、2020年の製造工程で7万3,000トンもの二酸化炭素を排出しましたが、今後20年間、同社の顧客が毎年、その45倍の炭素排出量を削減できるようにしていく予定です。

 

フランスの多国籍企業であるシュナイダーエレクトリックは、ビルやデータセンター、産業施設などにエネルギー管理システムを提供し排出量の削減を促しています。

 

これらの技術により、2020 年に4,500 万トンの 二酸化炭素排出を回避しました。これは同社の同年の排出量の85倍に相当するものです。

 

カーボンフットプリントに対するカーボンハンドプリントの割合
カーボンフットプリントに対するカーボンハンドプリントの割合

 

「魅力的な企業か否か」を判断する優れた指標

カーボンハンドプリントは、世界の気候変動問題に対処する強力なソリューションの提供を物語るものであり、魅力的な成長の可能性を秘めた企業かどうかを判断できる優れた指標です。

 

投資家にとっては、企業が気候変動との戦いにどのように貢献し、その貢献度が時間とともにどのように変化しているのかを評価できるツールになります。

 

独自の気候変動ソリューションを通じて脱炭素社会への貢献に積極的な企業に投資するためにカーボンハンドプリントを活用したいものですが、残念ながら、同指標に関する開示は、まだ業界標準とはなっていません。

 

企業の報告書や第三者の格付機関に頼ることができないため、個人投資家が自力で投資企業を選別するのは難しいといえます。

 

私たち資産運用会社は、経営陣と積極的にエンゲージメントを行い、独自のリサーチを行う立場にあります。

 

投資家が企業のカーボンハンドプリントを正確かつ納得のいくかたちで測定するために必要な情報を得るという役割があり、その精査が付加価値につながると考えています。

 

カーボンハンドプリントの指標として明確に位置づけ、銘柄選別の際に事業ファンダメンタルズへの評価と合わせて用いることで、優れた長期リターンを生み出し、環境問題に寄与する運用ポートフォリオを構築できるはずだと、私たちは考えています。

 

 

臼井 はるな

アライアンス・バーンスタイン株式会社

責任投資ヘッド
 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください。

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【12/1開催】日米両国の弁護士ライセンスを持つ弁護士による「アメリカ不動産の相続」セミナー

 

【12/3開催】フランス旧貴族だけが知っている!オーナーファミリーのワイン投資手法

 

【12/7開催】中小企業の社長は引退できない!?社長依存から脱却する「仕組み化」の進め方

 

【12/8開催】近代美術史と現代絵画市場から学ぶ!投資対象としてのアートの「価値」「価格」

 

【12/8開催】アメリカ不動産は売りどきか?「売却」のタイミングを見極める方法とその進め方

 

【12/10開催】一部の富裕層がこぞって利用している!日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【12/10開催】建物比率5割超&4年で減価償却も可能!償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

 

あなたにオススメのセミナー

    アライアンス・バーンスタイン株式会社 責任投資ヘッド

    2018年に運用戦略部のクレジット・スペシャリストとして入社。2020年より責任投資推進室長を兼務した後、2022年より専任の責任投資ヘッドに就任しESG関連の取り組みを統括。

    入社以前は、野村アセットマネジメント株式会社にてエクイティ・アナリストおよびクレジット・アナリストとして証券分析業務に従事。うち7年間は、ノムラアセットマネジメントUKリミテッド(在ロンドン)にて勤務。

    慶應義塾大学経済学部にて学士号、米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にて経営学修士号(MBA)取得。日本証券アナリスト協会 認定アナリスト

    著者紹介

    連載【アライアンス・バーンスタイン】新たな時代における「責任投資(ESG)」の重要性

    【ご注意】
    ※本稿は、ABのリサーチブログ「知の広場」の「カーボンハンドプリント-炭素排出をどれだけ回避したか?気候変動の改善に着目した新しいアプローチ」を参考に、再編集したものです。詳細については当該ブログをご覧ください。
    本文中の見解はリサーチ、投資助言、売買推奨ではなく、必ずしもアライアンス・バーンスタインポートフォリオ運用チームの見解とは限りません。本文中で言及した資産クラスに関する過去の実績や分析は将来の成果等を示唆・保証するものではありません。
    当資料は、2022年3月28日現在の情報等を基にアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが作成したものをアライアンス・バーンスタイン株式会社が再編集した資料であり、いかなる場合も当資料に記載されている情報は、投資助言としてみなされません。当資料は信用できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に掲載されている予測、見通し、見解のいずれも実現される保証はありません。また当資料の記載内容、データ等は作成時点のものであり、今後予告なしに変更することがあります。当資料で使用している指数等に係る著作権等の知的財産権、その他一切の権利は、当該指数等の開発元または公表元に帰属します。当資料中の個別の銘柄・企業については、あくまで説明のための例示であり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ