不透明な時代こそ「分散投資」による「資産防衛」を【国際金融ストラテジストが解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

世界経済は大きく変動し、日本で長らくつづいた「デフレ」の時代は終焉、インフレと円安が同時に進行する時代が到来しました。シティバンクの東京支店及びニューヨーク本店の要職として活躍した、香港在住・国際ストラテジスト長谷川建一氏の著書、『世界の富裕層に学ぶ海外投資の教科書』(扶桑社)から一部を抜粋し、世界の富裕層を取り巻く経済環境変動と彼らの海外投資術を解説します。

日本の富裕層の資産の持ち方も再考する必要が

日本の富裕層の資産構成は、「金融資産」、「不動産」、「実物」など一見、分散されているように思えます。しかし、ほどんどの資産は「日本国内の資産」であるという特徴が際立っています。これはある意味、「集中リスク」が過大であることに気づいている方は、多くありません。

 

21世紀に入り、世界の流れは一段と速くなり、私たちを取り巻く経済・金融・政治・軍事環境は激動の中にあると言っても過言ではありません。こうした環境下で、日本の富裕層が気をつけるべきことは「過度の集中リスクを回避すること」でしょう。この課題の最も単純な解決方法は、「分散投資」に他なりません。

 

筆者も日本人であり、日本の未来はあると信じていますが、それでも様々なリスクに晒され、想定外のことが起こる可能性は十分にあるということを前提に行動しておく“時は今”なのではないでしょうか?

 

2020年の新型コロナウイルスの世界的感染拡大(パンデミック)は誰も予想できませんでした。そして、コロナ禍からの景気回復の過程で、過去20年ほど意識されることもなかったインフレーションの進行にも直面するようになりました。

 

ウクライナでは、考えられなかったロシアによる侵攻という暴挙まで起こってしまっています。人類はもっと理性的で合理的と考えられていましたが、そうでもないとすれば、不測の事態に備えておくことは必須でしょう。事が起こってからでは手遅れです。

国内外に一定の資産を築けば国際情勢に干渉されにくい

分散投資では「通貨の分散」や「投資対象の分散」を検討する必要があり、日本国内でも実行可能なものもあります。

 

しかし、日本の金融機関を通じて外貨預金をしても、通貨の変動リスクに対応する手段とはなりますが、例えば政府が何らかの理由で海外送金を禁止するなどの規制を実施した場合には、外貨での送金も併せて規制されることが想定されます。そうなると、外貨であっても、他国へ送金して国外で使用することはできなくなります。

 

実際、デフォルトを起こしたことのある国の例を見てみると、資本流出を防ぐ措置を取る場合には、自国通貨のみならず、外国通貨の送金も含めて一切の国外送金が禁止されています。こうした例からは、やはり国外に一定の資産を持っておいたほうがよいと言えるでしょう。

 

なお、2018年2月に日本の金融庁は「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」を出しました。これを踏まえて、各金融機関では、過去の取引状況、送金目的や送金内容等について確認することが義務づけられています。

 

近ごろではこれが行き過ぎて、日本の銀行口座から、外国にある自己名義の銀行口座や証券口座への送金ですら、「マネー・ローンダリング防止」を理由に拒絶する金融機関もあるようです。しかし、これこそ日本の金融機関の事なかれ主義の最たるもので、自らの財産をどこでどのように運用するかの自由を損なう悪弊です。

あなたにオススメのセミナー

    Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

    シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

    2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

    その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

    2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

    世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

    京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

    著者紹介

    連載今すぐ役立つ、世界の富裕層が実践する海外投資術

    本連載は、長谷川 建一氏の著書『世界の富裕層に学ぶ海外投資の教科書』(扶桑社)から一部を抜粋し、再構成したものです。

    世界の富裕層に学ぶ海外投資の教科書

    世界の富裕層に学ぶ海外投資の教科書

    長谷川 建一

    扶桑社

    シティバンクグループのニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任し、日本に「プライベートバンク」を広めた第一人者である著者。現在は香港に自ら設立した『Wells Global Asset Management Limited』の最高経営責任者と…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ