ボリス・ジョンソン党首辞任!彼の突然のキーウ訪問は戦争利用なのか?【著作より緊急抜粋】

いま、世界で最も注目されているイギリスのボリス・ジョンソン首相が、与党・保守党の党首を辞任するという。その奇抜な言動で、常に物議を醸し続けているジョンソン首相。2022年4月9日、ロシアからの侵攻で危機の真っ只中にあるウクライナの首都・キーウを電撃訪問し、世界中を驚かせた。なぜジョンソン首相は突然キーウを訪問したのか。

彼が尊敬してやまないウィンストン・チャーチルも傲岸不遜、目立ちたがり、日和見主義者と首相に就任するまでの評判は散々だったが、絶体絶命の戦時下のイギリスで首相に選ばれたときに「私の人生はこのときのための準備であった」と感激して引き受け、国民的英雄となった。

チャーチルのことを強烈に意識していると思われるジョンソンが書き下ろした評伝『チャーチル・ファクター』には、チャーチルの戦争観が書かれた章がある。ジョンソン首相は、たしかに戦争はチャーチルを英雄にした。しかしチャーチル自身が戦争の父だったのだろうか? 一部でいわれるように、彼は猛烈な勢いで嬉々として、次から次へと戦争を戦ったのだろうか? と問うている。

ボリス・ジョンソン著『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)から、「第12章 報復にはノー、毒ガスにはイエス」を抜粋してお届けする。

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー
富裕層の相続対策から税金対策の悩みを一挙解決!
詳しくはこちら>>>

チャーチルはの政治上、軍事上の司令塔

ドイツの状況は悪化していた。チャーチルは下院で、女性、子供、老人に対して飢餓という“武器”を使うのは忌むべきことであると不満を述べた。できるかぎり早く海上封鎖を解除し、ドイツと平和条約を結ぶことを望んでいた。

 

最終的に、両陣営はベルサイユ条約に合意したが、その内容は巨額すぎて支払いができないほどの賠償金をドイツ側に求めるものだった。こうした仕打ちは根本的にばかげていると見たチャーチルは、ロイド・ジョージや米大統領ウッドロー・ウィルソンと衝突した。

 

ベルサイユ条約の内容はドイツにとって過酷だった。実際にチャーチルは「ベルサイユ条約の経済条項は有害かつ愚かな内容であったために明らかに意味のないものになった」と述べている。チャーチルの先見の明、そして彼の本質と本能を物語る言葉である。

 

著作『第二次世界大戦』の序文には、国家は「戦争には決断を、敗北には闘魂を、勝利には寛大を、平和には善意を見せるべきだ」という、有名な言葉がある。これはたんなるうわべだけの言葉ではない。チャーチルは本当にこの通りに行動した。チャーチルに向けられた最大の中傷の一つは好戦的で、喧嘩好きで、戦闘好きなあまり、きな臭さを嗅ぎ取っただけでじっとしていられなくなり、鼻息を荒くして、目をぎょろぎょろさせて興奮していたというものだ。

 

人々がなぜチャーチルのことをそのように思ったのかを理解するのはたやすい。20世紀の最初の半世紀に起きた歴史的な出来事を思い出してみよう。

 

人間がこれまでに経験した、最も恥ずべきかつ破壊的な紛争となる第一次そして第二次世界大戦が大きな位置を占める。第一次世界大戦では世界中で合計3700万人が亡くなり、そのうちの100万人がイギリス人だった。西部戦線の一部であったフランドル地方の野原では、有能な若い世代が消えていった。その多くは粉砕されて塵となるか、仏ベルダンにあるような、無名の兵士のための巨大な骨壷に入った。

 

第二次世界大戦ではもっと多くの人が殺された。6000万人の死者のうちで50万人はイギリス人である。イギリスは物理的にも精神的にも猛攻撃を受け、富の四分の一を失った。これほどの大惨事を目にすると、当時国を率いていたのは一体誰だったのかと改めて問わざるをえない。

 

今日では半ば忘れられているともいえるが、チャーチルは両方の紛争の運営において欠かせない存在だった。実際に、戦争の記憶が風化してくると、二つの世界大戦が一続きの出来事のように思えてくる。同じ場所、同じ形式、ほぼ同じ理由で戦い、同じ人物が舵をとっていた。この11年にわたる殺戮の間、チャーチルはイギリスの政治上の、そして軍事上の司令塔であった。

 

あなたにオススメのセミナー

    イギリス第77代首相 保守党党首

    1964年生まれ。イートン校、オックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業。1987年よりデイリー・テレグラフ紙記者、1994年からスペクテイター誌の政治コラムニストとして執筆、1999年より同誌の編集に携わる。2001~2008年、イギリス議会下院議員(保守党)。2005年、影の内閣の高等教育大臣に就任。2008年から2016年5月まで2期にわたってロンドン市長を務める。2015年、再び下院議員として選出される。本書のほかに、The Spirit of London, Have I Got Views for You, The Dream of Romeなど著書多数。

    著者紹介

    連載チャーチルになれなかった男は何を語ったか

    ※本連載はボリス・ジョンソン氏の著書『チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力

    チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力

    ボリス・ジョンソン

    プレジデント社

    いま、世界で最も注目されているイギリスのボリス・ジョンソン首相が、与党・保守党の党首を辞任するという。その奇抜な言動で、常に物議を醸し続けているジョンソン首相。 彼が尊敬してやまないウィンストン・チャーチルも傲…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ