社長の座を譲って…先妻の子を会社から追い出す、継母の鬼畜 ※画像はイメージです/PIXTA

経営者の相続対策は、事業をいかにして次世代に承継するかに加えて、個人の財産を相続させることも考える必要があります。しかし相続・事業承継に関係する人は多くなる傾向にあり、トラブルに発展するケースが後を絶ちません。今回は会社の議決権に関する問題についてみていきます。
※プライバシーに配慮し、実際の事例と変えている部分があります。

創業者急逝で専務(先妻の子)が社長に就任

【8月7日(日)関連セミナー開催】
相続、事業承継、売上…経営者が抱える課題は山積!
中小企業経営支援の「区分保証オフィス®」の実力
税理士×タマホーム「経営者の課題解決」緊急セミナー

【登場人物】

Aさん:70代。地元の有力企業社長

Kさん:Aさんの前妻との子ども

Nさん:Aさんの後妻との子ども

W子さん:Aさんの後妻

 

創業一代で地元の有力企業にまで成長させたAさん。猛烈な営業で地元に人脈を構築し、ワンマン経営でここまでのぼりつめたといいます。

 

そんなAさんも70代後半。この10年あまりは、事業承継を見据え、着々と準備を進めてきました。Aさんが後継ぎと考えているのは、Kさん。前妻との間に生まれた子どもで、とにかく実直な性格。少々融通の利かないところはありますが、その分、間違いのない判断をするので、安心して後を任せられると考えていました。

 

「真面目すぎて面白みに欠けるかもしれないが、堅実な性格で、間違いはない。安心してわたしの次を任せることができる」

 

ただAさんは、Kさんが次期社長だとは、周囲に言葉にすることはなかったそうです。その代わり、KさんをAさんの右腕となる専務に据え、そのことで社内にも知らしめていると考えていたのです。

 

一方、Aさんには後妻の間にも子どもがいました。Kさんとは10歳ほど年が離れたNさんです。現在はAさんの会社で部長として活躍しています。

 

NさんはKさんとはいい意味で真逆の性格。自由奔放ですが、ほかにはない発想で、新事業を立ち上げ、軌道にのせた実績があります。

 

「Nは、ほかとは違う発想で、面白いことを考える。会社を大きくすることを考えると、Nのような存在は貴重だ」

 

Kさんを社長として実直に経営し、Nさんが新しい発想で会社を大きくしていく……いいバランスを保つことができれば、さらに会社は成長していくだろう。そんな期待を寄せていたといいます。

 

しかし社長の承継は突然訪れました。Aさんが急逝したのです。社内は騒然としましたが、ある程度株式の譲渡が進んでいたKさんが、ひとまずはトップに就任しました。

 

「突然のことでみなさんも驚かれたと思いますが、全力で会社を引っ張っていきます」

 

実直なKさんの言葉で、バタバタしていた社内も平穏を取り戻しました。しかしここで暗躍したのが、後妻のW子さん。Kさんとの仲は悪くはありませんでしたが、よくもありませんでした。というのも、再婚したのはKさんが高校生のとき。しばらくするとKさんは大学進学で家を出ていきましたから、親子らしいことをしたことがほとんどなく、絆を深める機会もなかったというのです。

 

そのような関係もあり、Kさんに対して、特に思い入れはなく、「我が子を次の社長にしたい……」という思いをずっと抱き続けてきたのかもしれません。

 

それからしばらくたち、W子さんはKさんに言います。

 

「Kさん、Nに社長の席を譲ってくれる?」

 

実はKさん、株を譲り受けてはいましたが、経営権を握るには不十分なものだったのです。そこでW子さんは暗躍し、残った株を少しずつNさんに集約させていました。

 

「なんでそんなことを……」

 

継母とはいえ、なぜそんなことをするのか、理解できない様子のKさん。それに対してW子さんは「真面目すぎるKさんでは、この会社はどん詰まり。大きくしていくためには、Nに任せたほうがいいのよ」と言い放ちます。確かに、株を手放した人たちは、Nさんの可能性のほうを信じたわけです。その事実を知ったKさん。会社を去る以外、道はなかったといいます。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

永田町司法書士事務所 代表司法書士

司法書士合格後、司法書士事務所で実務経験を積み、2018年に独立。永田町司法書士事務所を設立する。
業界“ファーストクラス”を基本理念に、依頼者のビジネスと日常を有利にするために日々邁進中。
執筆活動にも積極的で、媒体を問わず精力的に活動している。

永田町司法書士事務所(https://asanagi.co.jp/)

著者紹介

タマホーム株式会社 パワーオフィスメント部  

◆2016年
事業系不動産販売会社へ入社し、不動産販売活動に従事。
◆2018年
タマホーム株式会社入社。
区分所有権販売事業のメンバーとして仕入れ・商品化・販売活動に従事。

▼企業財務安定化に寄与するWEBメディア「CRE戦略ガイド」
https://cre-media.tamahome.jp/

著者紹介

連載企業財務安定化に寄与する「相続・事業承継/不動産投資戦略」

本連載は、タマホーム株式会社が運営する「CRE戦略ガイド」内の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ