定年後、お金をもらってスキルアップ?「一石二鳥」の就活方法 (※写真はイメージです/PIXTA)

定年後、将来の独立のために専門分野を磨いたり、新たな知識・スキルを習得するために、どのよう学べばいいのでしょうか。セカンドキャリアコンサルタントの高橋伸典氏が著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

再雇用中でも将来に向けての学びを継続

▶各種学校・公共機関・塾での学び

①自治体が就職サポートのために実施しているセミナー・勉強会に参加する

 

全国の自治体では就職をサポートする取り組みが企画されています。

 

例えば東京都は55歳からのセカンドキャリアを考える「東京セカンドキャリア塾」を開催しています。1ヵ月の土曜日クラスと2ヵ月の平日コースの2つのコースがあります。豊富な授業と職場体験から多くの知識を得ることができます。

 

②仕事に結びつく資格習得のための学校に行く

キャリアコンサルタント、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、日本語教師、マンション管理士、等を学べる専門学校があります。

 

③自分が進もうと思っている分野の専門家のセミナーに参加する

参加することで学びが深まるだけでなく、人脈も作れるので、進みたい道への近道になると思います。

 

④土曜日・日曜日・夜間の社会人向け学校に通う

大学、大学院の社会人向けコース等でも人脈を広げることができます。ビジネスに直結するもの以外にも、歴史や文学、教養に関わるテーマを深めることもできます。時間があるという強みを最大限に活かすと良いでしょう。

 

⑤オンラインでの起業塾や有名人のオンラインサロンに入会する

コロナ禍でオンラインコミュニティが一気に一般的になってきましたが、オンラインであれば場所を問わず、全国につながりを作ることができます。

 

このような何がしかの目標を持って通う学びの場は、興味、関心が同じ人が集うので話も合いやすく、ネットワークもできやすくなります。

 

私も、定年後、再就職先を探している時に、興味があった「キャリアコンサルタント」の資格学校に通いました。そこには資格を習得して就職に役立てようとする人が集まるので、学ぶことに真剣で、授業の中だけでなく授業外でも一緒に演習をするなど、関係性は段々深くなっていきました。

 

資格試験受験後もラインを交換するなど楽しみながら情報交換をしています。

 

▼各地区の関連施設

 

【札幌】
アクティブシニア北海道

 

【東京】
東京セカンドキャリア塾……新しい仕事にチャレンジする意欲のあるシニアが楽しく学びながら、セカンドキャリアについて考える場です。

 

東京しごとセンター……東京都が都民の雇用や就業を支援するために設置した、〈しごとに関するワンストップサービスセンター〉です。就業相談や各種セミナーを行なっています。

 

【大阪】
OSAKAしごとフィールド

 

【名古屋】
なごやジョブサポートセンター

 

【福岡】
シニアお仕事ステーション

 

【全国自治体】
(例)茨城県の場合県西、県北、県南、水戸生涯学習センター

 

【各大学】
同志社大学、早稲田大学、慶應義塾大学など、社会人向けプログラム

 

【各種コミュニティ】
彩塾オンラインコミュニティ、山口拓朗ライティングサロン、樺沢紫苑ウェブ心理塾など

 

【各種資格学校】
日本マンパワー、大原学園、LEC、大栄、TACなど

 

ポイント
・失業給付受給中はハローワークの職業訓練も検討してみる。
・再雇用・再就職中にも将来に向けての学びを継続する。

 

髙橋 伸典
セカンドキャリアコンサルタント

 

 12月20日(火)開催 
【経営者・企業オーナー・高所得サラリーマン必見!】
年収1,000万円以上の人が実践している所得税・法人税対策とは?

~《速報》令和5年度税制改正についても解説~
 詳細はコチラ>>

 

↓コチラも読まれています 

「中古アパート」活用!短期「減価償却」節税を実現した新商品

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

1ドル140円台でも資産を増やすには?理にかなった投資手法

 「新築一棟賃貸マンション」が高い資産価値を維持する理由 

 

「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    セカンドキャリアコンサルタント
    モチベーション総合研究所代表/東京定年男女の会主宰
     

    1957年兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、34年間製薬会社で営業、人事、社員教育を担当する。57歳で早期退職し再就職するも、多くのつまずき、苦労を経験する。しかし試行錯誤を重ねることで乗り越え、リスクなく独立する道をつかみ取る。この定年活動がマスコミに注目され、TBSテレビ『ビビット』「定活」特集に出演、『サンデー毎日』『産経新聞』他、多くのメディアに掲載される。

    モチベーションを高め、セカンドキャリアに自信を持たせる研修講師として5,000人の受講者に明るい未来と希望を与え、行動変容につなげてきた。特に、東京都主催の「東京セカンドキャリア塾」などで行った自らの定年活動の苦労体験に基づくセミナーは、受講者から「多くのサラリーマンの実態が反映されていて納得かつ共感を覚えた」「アドバイスが具体的なので、すぐにでも実践できる」と好評を博している。また、「東京定年男女の会」を主宰し、定年活動、セカンドキャリアのサポートを行っている。現在は全国のシニアに向け、定年活動に役立つ情報を発信し続けている。

    WEBサイト(⇒https://www.takahashinobunori.com/)

    著者紹介

    連載3大リスク「お金、孤独、健康」の不安を取り除く定年の教科書

    ※本連載は、髙橋伸典氏の著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    髙橋 伸典

    日本能率協会マネジメントセンター

    この一冊で定年後の不安を払拭! 定年後の3大リスク(お金/仕事、孤独、健康)に対し、具体的に乗り越える方法を提示。定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ