東急、小田急、京王…民鉄大手が主導「副都心・新宿/渋谷」再開発の行方 ※画像はイメージです/PIXTA

東京・都心の至る所で計画されている再開発。不動産の資産価値にも大きく影響するので、投資家にとっても注目です。今回は、東京の7つある副都心のうち、新宿と渋谷で計画、推進されているプロジェクトについてみていきます。

JR×小田急×京王×東京メトロ…新宿西口が変わる

【8月7日(日)関連セミナー開催】
相続、事業承継、売上…経営者が抱える課題は山積!
中小企業経営支援の「区分保証オフィス®」の実力
税理士×タマホーム「経営者の課題解決」緊急セミナー

 

先日、京王電鉄およびJR東日本が主体となる新宿駅西南口の再開発計画が発表されました。区域面積は約1.9ha。現在、京王線新宿駅の上に位置する京王百貨店やルミネ1がある「北街区」、甲州街道をはさんで南側に位置する京王新線新宿駅の上にあたる「南街区」に分かれます。

 

北街区には地上19階、地下3階建て、延べ床面積141,500㎡の予定で、商業ゾーンのほか宿泊施設は入る予定です。一方、南街区では地上37階、地下6階建て、高さ225mの超高層ビルが予定されていて、商業施設や宿泊施設、オフィスなどが入居予定。さらに南北街区を繋げる歩行者デッキも新設されます。

 

南街区は2028年度の竣工、北街区は2040年代に竣工を目指しています。

 

敷地は、小田急電鉄や東京地下鉄(東京メトロ)が主体で進める、新宿駅西口地区再開発計画に隣接。こちらは現在、小田急百貨店 新宿店本館のある場所に、地上48階、地下5階、高さ約260mの複合施設が予定されていて、さらに南北をつなぐ空中回廊や、俊塾の景色を眺望できるテラス、地下と地上をつなぐターミナルシャフトなどが設けられ、現状の立体的な駅前空間の更新が行われる予定です。

 

さらに現在、巨大ターミナルがゆえに、東西南北の回遊性が課題の新宿ですが、東京都はJR線路上に東西デッキを新設する事業を推進中。事業期間は2021年~2047年と約30年にもなるビッグプロジェクトで、2035年度には東西デッキと東西駅前広場の一部がオープンする予定。線路上空の東西の往来が可能になり、街の回遊性が一気に高まります。

 

淀橋浄水場のあった場所に作られた新都心・新宿も、誕生から半世紀。昨今の開発は西へ西へと広がり、「新宿」駅からは遠ざかっていました。そのため注目度は低く、地味な印象は否めませんでした。しかし都市更新のタイミングで、再開発の主役は駅前へと移行。20~30年に渡る長期的な開発ですが、順次、オープンを迎えるたびに、街の魅力がぐっと高まりそうです。

 

【10月15日(土)開催セミナー】
1棟アパート投資〈相続市場〉を狙って「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

(年収500万からOK、全国対応OK)

あなたにオススメのセミナー

    タマホーム株式会社 パワーオフィスメント部 

    ◆2012年
    住居系サブリース会社のパイオニアにて
    PM業務(督促、リーシング、クレーム対応、オーナー対応、賃貸仲介)に従事する。
    ◆2016年
    事業系不動産の区分販売会社のパイオニアにて
    自社ビル販売、紹介営業販売(金融機関)に従事する。
    ◆2018年
    区分所有権販売事業の創部メンバーとして現在仕入れ・商品化・販売を提案中。

    ◆企業財務安定化に寄与するWEBメディア「CRE戦略ガイド」
    https://cre-media.tamahome.jp/

    著者紹介

    連載企業財務安定化に寄与する「相続・事業承継/不動産投資戦略」

    本連載は、タマホーム株式会社が運営する「CRE戦略ガイド」内の記事を転載・再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ