日銀「マイナス金利政策」の異常事態…日本は末期症状か? (※写真はイメージです/PIXTA)

2016年1月、日本銀行は「マイナス金利政策」を導入しました。マイナス金利政策によって、民間の金融機関が資金を日銀に預けずに、企業への融資や、投資に回すよう促しました。その結果とは。ジャーナリストの岡田豊氏が著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

東京オリ・パラ大会が示した日本の劣化

■すぐに実行すべき5つの重要政策

 

今すぐ実行すべき5つの重要な政策を自考してみました。日本の未来を切り拓く政策を、ここではシンプルに記述しておきます。

 

(1)自考と自立を促し、未来を切り拓くゼロベースからの共育(教育)改革。
(2)世界をリードする産業・企業を生み出すイノベーションと研究開発促進、成長戦略。
(3)国民が信用できる年金制度の構築を柱にした本格的な社会保障改革。
(4)世界から信頼される自立した安全保障、外交、経済イニシアチブ政策。
(5)子どもを産み育てたくなるような信頼できる社会にするためのあらゆる政策。

 

この5つには、単に財政出動や金融緩和をすれば実現するといった甘い政策はひとつもありません。国民一人ひとりが本気で考え、政府や政治家や公務員の方々、そして、私たち国民が、必死の覚悟で、本気で取り組まなければ実現できないものばかりです。

 

■日本の“劣化”が世界に伝わった東京オリ・パラ大会

 

「もうオリンピックじゃなくなっている。競技会だ」

 

日本オリンピック委員会(JOC)の理事だった山口香さんは、東京オリンピック開幕前の7月、テレビの報道番組でこう言っていました。オリンピックの理念が思うように実現しない大会になったなどとして批判したのです。

 

1964年の東京オリンピックは、敗戦から復興した日本の姿を世界に示すことができ、一定の成功を収めたと評価していいでしょう。しかし、その57年後の東京オリンピック・パラリンピックはどうだったのでしょうか。

 

「日本が劣化したことが世界に伝わってしまった」

 

そんな指摘も出ています。

 

元首相の森喜朗さんの“女性蔑視”発言。開会式のショー演出を担当するはずだった小林賢太郎さんは開会式の前日、解任されました。お笑い芸人として活動していた過去に、ユダヤ人の大量惨殺を揶揄する発言をしていたため、アメリカのユダヤ人人権団体が批判声明を出していました。

 

東京オリンピック開会式の作曲担当だった小山田圭吾さんが、かつてのいじめ問題で辞任したのは開会式の4日前。日本人の人権意識はどうなっているのか。中国やロシアなどを批判するなら、自らの人権意識や人としてのモラルをしっかり見つめ直すべきだ、という展開になってしまいました。

 

それだけではありません。場当たり的な印象が強かった新型コロナウイルス対策。選手と大会関係者の感染は連日確認されました。不備を承知で開催強行したとも言える未熟さ。そして、日本のワクチン接種の遅れ。政府への不信。日本の“ダメな部分”が世界にさらされました。

 

無論、日本の評価が高まった部分もあります。ボランティアのみなさんの頑張りや心配り。

 

新型コロナウイルスなどと闘う医療従事者などのみなさんの懸命な姿も伝わりました。それでも、日本に対する評価が下がるかもしれないと心配です。日本が失った信頼などを経済的な損失に換算したら、大きな額になるのかもしれません。

 

ジャーナリスト

1964年、群馬県高崎市生まれ。日本経済新聞記者を経て1991年から共同通信記者。山口支局、大阪支社、経済部。阪神淡路大震災、大蔵省接待汚職事件、不良債権問題、金融危機など取材。2000年からテレビ朝日記者。経済部、外報部、災害放送担当(民放連災害放送専門部会委員)、福島原発事故担当、ANNスーパーJチャンネル・プロデューサー、副編集長、記者コラム「報道ブーメラン」編集長、コメンテーター、ニューヨーク支局長、アメリカ総局長(テレビ朝日アメリカ取締役上級副社長)。トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選挙や激変するアメリカを取材。共著『自立のスタイルブック「豊かさ創世記」45人の物語』(共同通信社)など

著者紹介

連載自分の頭で考える、自分のやり方を考える

本連載は、岡田豊氏の著書『自考 あなたの人生を取り戻す不可能を可能にする日本人の最後の切り札』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

自考

自考

岡田 豊

プレジデント社

アメリカでの勤務を終えて帰国した時、著者は日本は実に息苦しい社会だと気付いたという。人をはかるモノサシ、価値観、基準の数があまりにも少ない。自殺する人があまりにも多い。笑っている人が少ない。他人を妬む。他人を排…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ