薬剤師試験「大学別合格ランキング2022」…1位は金沢大学

新型コロナの感染の長期化によって薬剤師業界がこれまでにない危機に直面している。新型コロナの感染不安から、医療機関の受診を控えるケースが急増していて、調剤薬局の経営悪化で薬剤師の人員配置の見直しや雇用形態の変更、雇い止めなどが発生している。コロナ禍に直面する薬剤師の国家試験の合格発表があった。薬剤師はどんな人が目指しているのか。

コロナ禍で薬剤師業界が危機に直面

新型コロナウイルス感染拡大の長期化によって薬剤師業界全体がこれまでにない危機に直面しています。コロナ禍で患者の受診控えが恒常化するなか、病院、調剤薬局の経営が厳しくなっていて、高給取りの薬剤師のリストラへの動きが、加速している。

 

取り巻く環境は一段と厳しさを増している、薬剤師の実像を明らかにしていこう。

 

厚生労働省の「令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」によると、薬剤師数は32万1982人で、男性12万4242人(総数の38.6%)、女性19万7740人(同61.4%)となっている(2020年12月31日現在)。2年前の前回調査と比べると1万693人、3.4%増加している。

 

主に従事している施設・業務の種別をみると、「薬局の従事者」は 18万8982 人(58.7%)で、前回に比べ 8567人、4.7%増加している。「医療施設の従事者」は 6万1603人(19.1%)で、1647人、2.7%増加している。これを年次推移でみると、「薬局」は大幅に増加しており、「医療施設」は増加傾向が続いている。

 

そのうち、「病院の従事者」は5万5948人(17.4%)、「診療所の従事者」は5655人(1.8%)。「大学の従事者」は 5111人で、前回に比べ 152人減少し、「医薬品関係企業の従事者」は 3万9044 人で 2259人減少し、「衛生行政機関又は保健衛生施設の従事者」は6776人で115人増加している。

 

厚生労働省「令和2(2020)年 医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」より
施設の種別にみた薬局・医療施設に従事する薬剤師数の年次推移 厚生労働省「令和2(2020)年 医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」より

 

薬局・医療施設に従事する人口10万対薬剤師数198.6人で、前回190.1人と比べ8.5人増加している。

 

都道府県別にみると、徳島県が238.6人と最も多く、次いで東京都234.9人、兵庫県233.9人が続く。最も少ないのが沖縄県の148.3人、次いで福井県157.0人、青森県161.2人となっている。

 

気になる薬剤師の給料はどうか。

 

「令和3年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)によると、薬剤師の平均月収は40.3万円、年間ボーナスが96.2万円、年収580.5万円。男性は平均月収44.1万円、年間ボーナス100.2万円、年収630.3万円。女性は月収37.6万円、年間ボーナス93.3万円、年収545.9万円だった。

 

薬剤師業界はコロナ禍を乗り切ることができるか。

 

GGO編集部

 

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

 

↓コチラも読まれています 

 

「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

「不動産小口化商品への投資」が相続税対策になる納得の理由

日米比較にみる、富裕層が「アメリカ不動産」に投資するワケ

これまでの富裕層の「節税」では危ない?…不動産価値の見極め方

投資家必読!投資してもいいソーシャルレンディングの見分け方

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載偏差値だけでは図れない!「大学」実力ランキング

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ