大幅に人員削減?正社員の平均給与「496万円」だが…「銀行員」の給与事情 (※写真はイメージです/PIXTA)

銀行員のお給料、そして「銀行の現在」は世間のイメージと差があるのか……、調査結果とともにみていきます。

【関連記事】大手「地方銀行」の平均給与…「金融マン=高収入」のイメージを覆す給料事情

「エリートの代名詞」銀行員…実際の給料はいくら?

東京商工リサーチ『「平均年間給与」調査』によると、 国内78銀行の2021年3月期の平均年間給与は606万6,000円であった(中央値は608万4,000円)。

 

78行のトップである三井住友銀行の842万2,000円をはじめとして、業態別にみると、大手行の平均年間給与は767万3,000円。一方、地方銀行は620万円、第二地銀は548万5,000円という結果だ。

 

なお、国税庁のレポート『令和2年分 民間給与実態統計調査』で明かされている正規社員の平均給与は、496万円である(ちなみに非正規社員の平均給与は176万円)。

 

銀行員の給与は「日本人の平均以上」であることは間違いないが、安定・エリート・高給取りといったイメージと比べ、やや落ち着いた印象を受けるかもしれない。

「AIに仕事を奪われる」?銀行員の数は…

さて、「AIに取って代わられる」といった言説もまことしやかに囁かれる銀行業。銀行員の行末を不安視する声もあるが、専門家のこんな指摘も存在する。

 

“「AIに仕事を奪われる」という面だけが強調されていますが、そもそも銀行業務の現場では、人手は十分に足りているのでしょうか。

 

最近では減少傾向にあるATMですが、昔はATMが増えて、窓口に人がいらなくなるという人もいました。しかし、銀行の支店を見ていると、みな忙しそうに働いています。コールセンターもAIによる効率化を進めていますが、今のところ電話のつながりにくさは解消されていないようです。実際には銀行の現場は慢性的な人手不足なのです。”(長谷川貴博著『AI化する銀行』幻冬舎MC・2017年12月)

 

相変わらず、銀行へ電話をかけると、「そのままお待ちいただくか、しばらく経ってからお掛け直しください」という自動音声を聞き続けることがしばしばではないだろうか。

 

しかし、銀行業界に限った話ではないが、AI化にともなって一般事務員の数を減らしている状況だ。窓口やコールセンター業務へのAIの導入は、むしろもっと進んだほうが望ましいといえる。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ