年金30万円・退職金2,000万円でも「生活が…」元エリートサラリーマンの悲哀 (※写真はイメージです/PIXTA)

大企業で勤め上げ、年収は1,000万円以上。そんな元エリートサラリーマンのなかには「年金を月30万円以上もらっている」という羨ましい人もいる。退職金も数千万円をポンともらっている世代なので、悠々自適の老後を暮らしているはずだが……?

まさに俗に言う「勝ち組」だったが…

厚生労働省「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)受給者の平均年金月額は、老齢年金で14万6,145円です。これが平均の金額ですが(ちなみに標準報酬月額の平均は31万3,000円)、世の中には、もっと多額の年金を受給している高齢者も存在します。

 

引退時に年収1,000万円以上もらっていたような大企業のエリートサラリーマンならば、月に30万円ほどの年金を受給していることもあります。

 

退職金も2,000万円ほどもらっているでしょう。中央労働委員会『令和元年賃金事情等総合調査』によると、定年退職による平均退職金は1,213万8,000円で、さらに満額勤続した場合の定年退職金は、大卒で2,289万5,000円、高校卒で1,858万9,000円です。

 

所有する金融資産で考えると、まさに俗に言う「勝ち組」。

 

「現役時に支払った額も多かったのだから、多くもらうのは当然。むしろ少ないくらいだ」

 

と考える人もいるでしょう。年金の受給総額は「×受給された年数」です。エリートサラリーマンとして、長い間ストレスにさらされながら多くの保険料を納めてきたわけですから、当然という意見にも頷けるかもしれません。

 

またこの世代に多いのが、妻が専業主婦で夫を懸命に支えていたケースです。妻の家事努力なしには、エリートサラリーマンもエリートたる働きはできなかったわけですが、専業主婦の場合、国民年金のみの受給で月5万円ほど、ということもあります。現役時代と同様に年金生活においても、収入面で妻を支え続ける必要があるのです。

「生活レベルを落とすこと」は難しい

悪いケースを考えてみましょう。妻が認知症などで要介護となり、老人ホームに入れる必要性が出てくると、入居一時金や月々の利用料で、かなりの金額が持っていかれます。老後資産に余裕があればまだいいですが、引退時に多額の退職金を手にしたことで、知識なしに言われるがままに「資産運用」に手を出して失敗してしまう人も多いのです。

 

「それでも年金が月30万円も入ってくる」と考えるかもしれませんが(ちなみに年金30万円と言っても、社会保険料などを引くと受取額はもう少し小さくなります)、すぐに入所できる有料老人ホームは高額なことも多く、高品質なプランを選択すると月額およそ20万円ほどもかかることがあります。手元に残った額で、家事をしてくれた妻もおらず、エリートサラリーマンとして暮らしていたときのような生活を目指すと、破綻すらも見えてきます。

 

高齢になると、いろいろなことができなくなってくるものですが、意外と難しいのが「生活レベルを落とすこと」と「それまでのプライドをなくすこと」です。とくに元エリートサラリーマンはここが苦手なことが多く、危機的な状況に陥っていても、積み上げてきたものにすがってしまう傾向があります。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ