弟が兄の財産を差し押さえ…母の遺産を巡る「醜すぎる争族」の末路【弁護士の実録】 (写真はイメージです/PIXTA)

お金を巡る相続では、事前に対策をしていない場合、いくら仲の良かった親族であっても争いに発展するケースは少なくありません。今回、アイリス仙台法律事務所の関野純弁護士が、ある兄弟に起きた「争族」を紹介するとともに、争いを生まないための対応策について解説します。

判決確定後も往生際の悪い長男…口座を差し押さえ

判決が確定した後も、長男は支払いに応じませんでした。長男は既に退職していたため、弁護士は、長男の財産調査を行いました。

 

調査の結果、長男が某金融機関に口座を有していることを突き止めることができましたので、速やかに、財産を差し押さえ、全額を回収することができました。

 

本事案の解説

本件の教訓として、兄弟のひとりに両親の通帳の管理を任せることは避けるべきだ、と思われた方は多いと思いますが、本件はかなり稀なケースだと思います。

 

本件の長男と同じ立場で、親と同居したり、親の近くに住んだりしている兄弟は、自分は親身に親の面倒を見ているのに、相続になった途端に、兄弟で平等に分配する、ということにやりきれなさを感じる方が多くいらっしゃると思います(なお、本件の長男が何を考えて、親の財産から無断で引き出しを行ったのか、その動機は最後まで明かされませんでした)。

 

親への貢献を評価するための「寄与分」という制度はありますが、「寄与分」が認められるハードルは高く、複数の要件をクリアしなければ簡単には認められません。

 

こうした紛争を未然に防ぐために、おすすめしたいのが「民事信託(家族信託)」制度です。

 

民事信託は、財産管理をお願いする親と、託される子供とのあいだで、「信託契約」を結んだうえで、便宜親の財産の一部を子供名義に移し、子供は親に財産状況を定期的に報告しながら、親のために財産を活用する制度です。

 

契約内容を自由に設定することができるため、子供に財産管理業務の報酬を支払うこともできます。また、親の財産管理の範囲や内容が信託契約で明確にすることができるので、問題が起こったときの責任の所在で争う必要がなくなります。

 

利害関係者が複数いらっしゃるご家庭では、いつ紛争が表面化してもおかしくはありません。これを防ぐには、遺言書などで親の意思を明らかにしておくほか、親の介護や財産管理を兄弟のひとりが無償で行う、という考えも変えていく必要があると感じます。

 

穏やかな老後、争いのない相続は誰もが望むものです。家族の考え方や行動をコントロールすることはできませんが、紛争を防ぐ手立てはあります。これから老後を迎えられる方には、ご自身の行動で家族の平和を守ることができる場合がある、ということを、心に留めておいていただきたいと願うばかりです。

 

 

関野 純

アイリス法律事務所 弁護士

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    アイリス仙台法律事務所 代表弁護士

    2005年司法試験合格。司法修習を経て2007年弁護士登録(仙台弁護士会)。2011年現事務所を開設。
    多数のセミナーや大学講師の経験を活かし、分かりやすい説明に定評がある。
    相続問題に関して地域トップクラスの実績を持ち、粘り強く親身な対応で依頼者をバックアップする。
    現在、家庭裁判所で家事調停官(非常勤)としても勤務する。

    アイリス仙台法律事務所(https://sendai-law-souzoku.com/
    仙台市青葉区国分町1丁目7-18-3階

    著者紹介

    連載関野純弁護士の事例でわかる相続トラブル解決戦略

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ