要介護者も、支える家族もラクになる…介護保険制度を活用した「生活援助サービス」の概要と利用料金

自宅に要介護の高齢者等を抱えていると、家族には大きな負担と制限が生じます。そのため、介護離職で経済的に困窮する、社会的に孤立するといった深刻な問題が生じます。それらを防ぐためにも、「介護保険制度」を活用した各種サービスの最大活用が望まれます。ここでは、介護保険サービスの内容と利用にあたっての自己負担額などについて解説します。

「通って受けるサービス」で家族の生活リズムも整える

【対象】 (要支援)要介護認定を受けた人
【制度】 通所介護(介護保険)

 

要介護者が家にいたままだと社会的孤立感は進み、家族の負担も増大します。昼間、施設に通って過ごすサービスが有効です。

 

◆通所介護の内容 

 

●介護を受けながら同世代の人たちとの交流を楽しむ「デイサービス」と呼ばれる通所介護は、施設に通ってレクリエーションを行ったり、日常生活の支援を受けたりするサービス。

 

●サービスの内容は、事業者によってそれぞれの特徴があり、個別機能訓練を行ったり、レクリエーションゲーム、カラオケ、音楽鑑賞、健康体操、手作りなどメニューも多彩で、気分転換に役立つサービス。

 

●家庭での入浴が困難な場合、費用は加算されるが入浴介助を受けることができる施設が多い。

 

●送迎サ―ビスを希望すれば、スタッフが玄関まで送迎をしてくれる。施設が送迎を行わない場合は、片道につき47単位減算になる。

 

●介護保険の「通所介護」を利用できるのは要介護1上の人で、要支援1・2の人は市区町村が行う「介護予防・生活支援サービス事業」のなかの「通所サービス」を利用する。

 

◆通所リハビリテーション 

 

●「通所介護=デイサービス」と同様に通って受けるサービスに「通所リハビリテーション=デイケア」がある。こちらは、理学療法士や医師が配置された施設で運動器(身体運動に関わる骨・筋肉・関節・神経などの総称)の機能向上などのリハビリテーションを行っている。利用時間は、3~9時間が基本だが、延長することも可能。

 

デイサービスの1日の流れ(一例)

 

8:00  自宅にお迎え

※ 自宅まで迎えに来る。足腰が不自由な場合、車いすで乗降できるリフト付きの車などで対応(送迎の自己負担はなし)

 

〈施設に到着〉

 

9:00  健康チェック…体温、血圧、脈拍の測定など

10:00 入浴サービス

12:00 昼食…食事介護 経管栄養など・服薬管理

13:00 休憩

13:30 レクリエーションなど。このほか機能訓練、施設独自のプログラム

15:00 おやつ

16:00 自宅に送る

 

「通所介護」の基本サービス費のめやす

2020年12月現在の、自己負担1割の場合の1回あたりの利用料。利用定員19名以上、1月の延べ利用者数が301~750人のサービス事業所の料金となる。1単位の価格は、地域によって異なる(下記は1単位10円の場合)。

 

 要介護1 

 

3時間以上4時間未満…… 364円

 

4時間以上5時間未満…… 382円

 

5時間以上6時間未満…… 561円

 

6時間以上7時間未満…… 575円

 

7時間以上8時間未満…… 648円

 

8時間以上9時間未満…… 659円

 

 要介護2 

 

3時間以上4時間未満…… 417円

 

4時間以上5時間未満…… 438円

 

5時間以上6時間未満…… 663円

 

6時間以上7時間未満…… 679円

 

7時間以上8時間未満…… 765円

 

8時間以上9時間未満…… 779円

 

 要介護3 

 

3時間以上4時間未満…… 472円

 

4時間以上5時間未満…… 495円

 

5時間以上6時間未満…… 765円

 

6時間以上7時間未満…… 784円

 

7時間以上8時間未満…… 887円

 

8時間以上9時間未満…… 902円

 

 要介護4 

 

3時間以上4時間未満…… 525円

 

4時間以上5時間未満…… 551円

 

5時間以上6時間未満…… 867円

 

6時間以上7時間未満…… 888円

 

7時間以上8時間未満…… 1,008円

 

8時間以上9時間未満…… 1,026円

 

 要介護5 

 

3時間以上4時間未満…… 579円

 

4時間以上5時間未満…… 608円

 

5時間以上6時間未満…… 969円

 

6時間以上7時間未満…… 993円

 

7時間以上8時間未満…… 1,130円

 

8時間以上9時間未満…… 1,150円

 

 

通常規模型の場合

※自己負担1割の場合の1回あたりの利用料 利用定員19名以上、1月の延べ利用者数が301~750人のサービス事業所の料金 ※1単位の価格は、地域によって異なる(下記は1単位10円の場合)。2020年12月現在。 ※入浴介助や個別機能訓練などを行った場合、利用者が認知症の場合、9時間以上の延長を行った場合などは、上記に加算される。
※自己負担1割の場合の1回あたりの利用料
利用定員19名以上、1月の延べ利用者数が301~750人のサービス事業所の料金
※1単位の価格は、地域によって異なる(下記は1単位10円の場合)。2020年12月現在。
※入浴介助や個別機能訓練などを行った場合、利用者が認知症の場合、9時間以上の延長を行った場合などは、上記に加算される。

 

 

溝口 知実

特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー

あなたにオススメのセミナー

    溝口労務サポートオフィス代表
    特定社会保険労務士
    ファイナンシャルプランナー 

    社会保険労務士事務所勤務等を経て平成26年開業。

    働く人が生き生きと明るく仕事ができる環境づくりを目指し、企業の抱えるあらゆる「人」に関する問題解決に取り組む。

    主な業務は人事労務のコンサルティング、就業規則作成、労働・社会保険の手続き、年金相談、執筆、セミナー講師等。 主な執筆に『夫婦ではじめる快適老後の生活設計』(監修協力・自由国民社)、『夫に先立たれた9年間を幸せに生きる妻の本』(著・監修・自由国民社)などがある。

    著者紹介

    連載【社会保障活用ガイド】すぐにもらえるお金と使えるサービス

    ※本連載は、溝口知実氏の著書『困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と役立つサービス』(自由国民社)より一部を抜粋、再編集したものです。

    困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と使えるサービス

    困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と使えるサービス

    溝口 知実

    自由国民社

    新型コロナウィルスの影響で、失業、収入の減少などで生活に困窮する人が急増しています。 また、病気、ケガ、介護、死亡などによる生活の困難も常時発生しています。 このような場合に備え、日本にはさまざまな社会保障制度…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ