20代から「タワマン賃貸」のエリート男性…夢の生活に“予想外の悩み” (※画像はイメージです/PIXTA)

20代の頃からタワマンで一人暮らしをする田中さん(30代・独身男性)に、「タワマン暮らし」の実態、住んでよかったこと・困っていることを伺いました。

【関連記事】恐ろしい…「南向きのタワマン」で起きた、とんでもない事態

夢のタワマン暮らしは…

田中さん(仮名/30代・独身男性)は、学生の頃から「社会人になったらタワマンに住む」ことが夢だったそうです。

 

「都内の湾岸エリアとか、武蔵小杉とか……、街を歩くたびにここに住めたらな、と憧れていたんですよね。それで、2~3年働いてお金が貯まったら、タワマンに賃貸で住もうと大学生のうちに決めていました」

 

該当のエリアには綺麗な商業施設も充実しており、景観もよく、確かに “憧れの街”と言えるでしょう。

 

「幸い、同世代と比較して高給をもらえる職にも就けました。会社の先輩にタワマンに住んでいる方が多くて、自分が居住することにもいよいよ現実味を感じましたね。20代後半になって、ついに賃貸を始めました。

 

タワマンといっても、1人暮らしなら月10万円台で住むことができます。“ステータス”だけじゃなく、セキュリティや立地のよさ、なにかあったら頼れるコンシェルジュがいることなどを考えても決して高すぎる買い物ではないと思っていました」

 

セキュリティというと、2重、3重のオートロックシステムを採用していたり、警備員が常駐していたりする施設もまったく珍しくはありません。とはいえ2020年には都内の高級タワマンにて強盗事件も起こっているため、“絶対”はありませんが……。

 

そのほか、ゲストルームやスカイラウンジ、なかにはスポーツジムやプール、シアタールームなど共用施設が充実しているタワマンも多く存在します。

 

「まあ、共用施設は充実していますよね。でもそれは賃貸の自分にとっては縁のない話で。分譲賃貸の人なら利用できるでしょうけど、私はそうではないので……。世間の「タワマン暮らし」のイメージとそこは違っているかもしれないですね。遊びに来た友人に少しガッカリされたこともあります」

あなたにオススメのセミナー

    GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ