資産家・独身叔父に「母親違いのきょうだい」あり…甥姪が気を揉む〈多額の資産〉の行方【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

病気がちになった独身の高齢叔父。甥姪は、叔父に母親違いの姉がいることを知り、万一の叔父の相続について気を揉んでいます。片親が違うきょうだいの存在は、相続にどう影響するのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

「半血兄弟」に、きょうだいとしての相続権はあるか?

さて、この半血兄弟ですが、きょうだいとして相続権はあるのでしょうか。

 

半血兄弟は、片親しか共通ではありませんが、法律上はきょうだいであり、きょうだいに子どもや親といった相続人がいなければ、第三順位の相続人であるきょうだいとして相続権を持ちます。

 

したがって、片親だけを共通をする場合は、きょうだいとはいえず、相続権はないとする選択肢①は誤りとなります。

 

では、全血兄弟と半血兄弟は、相続分はどうなるでしょうか。

 

法律上、半血兄弟の相続分は全血兄弟の2分の1とされています。

 

したがって、全血兄弟と半血兄弟の相続分は平等とする、選択肢②は誤りです。

 

正解は、半血兄弟もきょうだいとして相続権があるとして、その相続分は、全血兄弟の2分の1とする選択肢③となります。

本件のポイントは「きょうだいに遺留分なし」という点

相続分が、半血兄弟は全血兄弟の2分の1となるということはどういうことか説明します。

 

本件では、健二さんと太一さんは両親を同じくする全血兄弟、健二さんと恵子さんは父親だけ共通とする半血兄弟となります。

 

健二さんが亡くなった場合、健二さんは独身で、奥さんも子どももいませんし、両親も亡くなっていますから、健二さんの相続人は、全血兄弟である太一さんと半血兄弟である恵子さんとなります。

 

そして、相続分は、半血兄弟の相続分が全血兄弟の相続分の2分の1となるということですから、全血兄弟の太一さんの相続分が2、半血兄弟の恵子さんの相続分が1ということとなります。

 

すなわち、太一さんの相続分と恵子さんの相続分が2:1となり、太一さんの相続分は3分の2、恵子さんの相続分は3分の1となります。

 

相続人が、全血兄弟2人、半血兄弟1人の場合、全血兄弟AとBがそれぞれ2、半血兄弟Cが1で、2:2:1という割合になるため、相続分はAとBが5分の2、そしてCが5分の1となります。

 

相続分はAとBがそれぞれ5分の2、Cが5分の1となる。
相続分はAとBがそれぞれ5分の2、Cが5分の1となる。

 

逆に、全血兄弟が1人、半血兄弟が2人の場合は、全血兄弟Aが2、半血兄弟Bが1、半血兄弟Cが1で、2:1:1となり、Aが2分の1(4分の2)、BとCはそれぞれ4分の1となります。

 

相続分は、Aが2分の1(4分の2)、BとCはそれぞれ4分の1となる。
相続分は、Aが2分の1(4分の2)、BとCはそれぞれ4分の1となる。

 

本件では、このままなにもせずに健二さんが亡くなってしまうと、健二さんの貸しビルや貸しマンションなどの遺産の3分の1は、前妻の子どもである恵子さんに相続されることとなってしまいます。

 

ただ、きょうだいには遺留分がないことから、健二さんが太一さんに遺産を全部相続させるという遺言を書けば、全財産は太一さんが相続し、半血兄弟である恵子さんは遺留分を請求することができず、遺産は恵子さんにはいかなくなります。

 

本件では、太一さんと健二さんが、父親である一郎さんが再婚で、前妻とのあいだに子どもがいる、ということを知っているので対策を立てることができます。しかし、実際は、父親や母親が再婚だったということを知らずに、亡くなって戸籍謄本を取得してみたら、父親は再婚で半血兄弟がいたということがわかる、などということもたまにあります。

 

相続のことが心配になってきたら、相続が発生したときは、誰が相続人となるか確認するために一度戸籍を取ってみることも必要だと思います。


 

※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

 

 

高島 秀行
高島総合法律事務所
代表弁護士

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ