完成度は雲泥の差…インプラント治療が「上手い歯科医」と「下手な歯科医」の見分け方【歯科医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

ホワイトニングや歯の矯正と並び、美容目的でもインプラント治療を検討する人が増えています。そのようななか、大森インプラントクリニック松元教貢歯科医院の松元教貢院長は「担当医によってできあがりにかなりの違いがある」といいます。今回は、よりよいインプラント治療を受けるための「歯科医の見分け方」について、松元院長が詳しく解説します。

取り返しがつかなくなる前に、まずは一度病院へ

インプラント治療は、顎堤に直接チタン製などの人工歯根部分を埋め込み、その上に人工歯冠を付けます。

 

そのため、支えとなる顎堤、骨や歯茎が相当に失われると治療がとても難しくなります。

 

悪くなった歯を放置し、その歯が感染源となって骨や歯茎が失われ顎堤不足を招くような事態になる前にご決断をされた方がよい、と強く思います。

 

ご自分の天然歯に愛着があるのはよくわかりますが、歯が病原体に陥ってしまった場合にはそれに執着することで骨や歯茎をダメにしてしまいます。

 

残存歯がどれだけ大丈夫なのかは、口腔内診査だけでなくレントゲン写真やCTで精密に調べないとわかりません。そのため、前述のように医院にCT設備があることはとても大切だと思います。

 

失われた顎堤、骨や歯茎は簡単には戻りません。残念ながら、痛みが軽かったりほとんどない場合でも歯がダメになっており、気づかぬうちに顎堤や骨、歯茎がかなり侵されていることも少なくありません。

 

まずは定期検診などで検査を受けて、担当医と相談されるのがよいでしょう。

 

 

松元 教貢

大森インプラントクリニック松元教貢歯科医院

院長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

大森インプラントクリニック松元教貢歯科医院 院長

1987年、日大松戸歯学部卒業後、11年の勤務医を経験した後、開業。
最新の技術をこなすために、KIRGインプラント100時間・船越歯周病1年コース、くれなゐ塾etc多数の講習会に通い、今も継続して学び続け、常に最新・最適の歯科治療を提供している。
2004年6月ボストンのPRD学会(※)では、全世界2,000人以上からわずか24人に選ばれ発表。大好評を博す。翌年2007年のPRDでも再選、2回連続で即時インプラントの発表をおこなう。
※PRD…ボストンで3~4年に2回開催される業界最高権威の学会
「未来は理想の夢の実現である!」がモットー。

<研修その他>
KIRG,船越ペリオ全コース、くれなゐ塾、臨床基本ゼミ、東京筒井塾、IPOIインプラントアドバンスコース、FSA,IDEA即時荷重インプラントコース、CEベーシック、アドバンスコース等多数受講。

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ