「住宅ローンが養育費代わり」約束した元夫が失踪…母子家庭のマイホーム、競売へ ※画像はイメージです/PIXTA

「離婚」と「家」は、切っても切れない関係です。離婚で夫婦の関係は解消できても、「持ち家」にまつわる諸問題はそう簡単ではありません。離婚が成立しても「ローンのある家」が残っていれば、将来のトラブルの原因となる可能性は非常に高いといえます。本稿では、よくある「離婚+持ち家」のトラブル事例を通じ、留意すべきリスクをくわしく見ていきます。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      【関連記事】マイホーム購入「中古+リノベなら、資産価値が下がりにくい」は本当か?

      寝耳に水…母子が暮らすマイホームが突然「競売」に!?

      【Aさんのケース】

       

      Aさんは5年前に夫と離婚しました。元夫の名義だった家にはAさんと子どもが残り、夫は家を出ていきました。離婚条件として、「元夫は、養育費の代わりに子どもが成人するまで住宅ローンを払い続け、Aさんと子どもは無償でその家に住む」ことを約束しました。

       

      元夫を信用できなかったAさんは、約束を守らせるために公正証書にも離婚条件を残しておきました。これで子どもが成人するまでは安心して生活できると思っていました。

       

      しかし、そんなAさんに裁判所から突然通知が届きます。家が競売にかけられたので、執行官が自宅を調査しに来るというのです。Aさんにとってはまさに晴天の霹靂で、頭が真っ白になってしまいました。

      元夫は失踪、銀行からは一括返済を迫られ…

      Aさんは、状況を確認するため元夫に連絡をしましたが、何度連絡してもつながりません。元夫の会社に電話をしても、もう1年以上前に退職しているとのことでした。

       

      元夫の知人に連絡して話を聞くと、元夫は離婚後にうつ病を患い、仕事も続けられなくなって生活が厳しくなり、いまは連絡も取れない状態になっているようでした。

       

      住宅ローンを借りていた銀行にも連絡をして状況を確認しましたが、すでに住宅ローンが半年以上も滞っており、そのため保証会社が家を競売にかけたとのことで、一括返済してもらう以外はどうにもならないという回答でした。

       

      結局、自宅は競売で不動産会社に落札されてしまいました。Aさんはその不動産会社に何とかこのまま住まわせてほしいと懇願しましたが、Aさんの収入ではとても支払えない額の家賃を要求されたため、やむなく家を出ていくしかありませんでした。

       

      【10月15日(土)開催セミナー】
      1棟アパート投資〈相続市場〉を狙って「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

      (年収500万からOK、全国対応OK)

      あなたにオススメのセミナー

        ライフソレイユ株式会社  取締役

        ライフソレイユ株式会社ウェブサイト:https://life-soleil.jp/loan-arrears/

        青山学院大学経営学部卒業。

        大手コンサルティング会社に6年間勤務し、主に中小企業の経営再建や業績アップを支援。その後、任意売却専門の不動産会社「ライフソレイユ株式会社」を設立し取締役に就任。

        現在までに延べ1000人以上のローン破綻者から相談を受け、生活再建を支援している。

        著者紹介

        連載不動産任意売却のプロがレクチャー!「資産性の高いマイホーム」購入のポイント

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        登録していただいた方の中から
        毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
        TOPへ