「利上げの米国」と「利下げの中国」…対極な2国経済の行方

本記事は、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社の最新レポート『転換点に到達したか?』から一部を抜粋・編集したものです。

世界の政策立案者に「楽観主義」が広がっている?

感染力の強い新型コロナウイルスのオミクロン型の登場にもかかわらず、オミクロン型の致死率が以前の変異型ほど高くないことから、マイケルは世界の政策立案者のあいだに楽観主義が広がっていると感じています。

 

ワクチン接種率が高く、集団免疫が普及している国では、新型コロナウイルスを風土病として扱うよう方針転換し共存していけると期待しています。

 

インフレ、供給ショック、賃金上昇、金融政策、経済成長の減速など、我々が常々議論しているマクロ経済の問題は、すべて新型コロナウイルスという一つのきっかけに結びついています。

 

新型コロナウイルスと無事に共存できれば、パンデミック前の経済成長トレンドに戻れるかもしれません。米国の消費者にとって、それは、モノを買うことから、外食や娯楽、旅行など、より多くのサービスを買うという長年のトレンドに戻ることを意味します。

 

また、この方向転換により、コロナ禍による出荷の遅れや労働力不足のリスクが低下するにつれ、世界のサプライチェーンの迅速な正常化が促進されると考えられます。

このような相場でリターンを狙うには

特にインフレの見通しが不透明であることから、当社の運用担当者は、リスクを管理しながらリターンを獲得するためには、よりボトムアップ型のアプローチが有効であると考えています。

 

たとえば、スプレッド商品を活用し、グローバルに分散投資することで、インフレが上昇するか低下するかといった予測に注目する必要性が弱まると考えます。

 

【不確定要素…不安と楽観】

 

■米国のインフレ

インフレに関する議論が続くなか、中央銀行はインフレ対策に十分な積極性を持たないと後手に回る恐れがあるものの、成長を阻害しないよう注意しながらバランスを取る必要があります。

 

■賃金

企業が賃上げを消費者に転嫁できれば、インフレを刺激し、結果的に成長を阻害する可能性があるため、賃金の上昇は米国経済の見通しにおける不確定かつ重要な要素です。

 

■中国の経済見通し

中国はパンデミックへの対応や金融政策を独自に実施しており、世界経済の成長エンジンであり続け、ソフトランディングを実現できるかどうかが重要な課題となっています。

 

■通貨

現在、多くの新興国通貨が魅力的にみえます。一部の新興国では、パンデミックのあいだ、インフレ懸念により金融引き締めを行ってきましたが、現在は景気刺激策を開始する準備ができています。


 

フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【12/1開催】日米両国の弁護士ライセンスを持つ弁護士による「アメリカ不動産の相続」セミナー

 

【12/3開催】フランス旧貴族だけが知っている!オーナーファミリーのワイン投資手法

 

【12/7開催】中小企業の社長は引退できない!?社長依存から脱却する「仕組み化」の進め方

 

【12/8開催】近代美術史と現代絵画市場から学ぶ!投資対象としてのアートの「価値」「価格」

 

【12/8開催】アメリカ不動産は売りどきか?「売却」のタイミングを見極める方法とその進め方

 

【12/10開催】一部の富裕層がこぞって利用している!日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【12/10開催】建物比率5割超&4年で減価償却も可能!償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

 

あなたにオススメのセミナー

    フランクリン・テンプルトン・グループは、米国カリフォルニア州サンマテオに本部を置くフランクリン・リソーシズ・インクおよび傘下の子会社で構成される独立系の資産運用会社グループです。世界30ヵ国以上に拠点を有し、複数の資産クラスにおいて数多くの投資プロフェッショナルと約1.4兆米ドル(約189兆円)の運用資産残高を有しています。世界中の個人投資家や機関投資家の皆様に多種多様な運用商品と質の高いサービスを提供しております。
    2022年6月末時点、為替は三菱UFJ銀行の2022年6月末 1米ドル=136.68円にて円換算

    フランクリン・テンプルトン
    https://www.franklintempleton.co.jp/index.html

    著者紹介

    連載【フランクリン・テンプルトン・ジャパン】グローバルマーケット情報

    ※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。
    ●当資料は説明資料としてフランクリン・テンプルトン(フランクリン・テンプルトン・リソーシズ・インクとその傘下の関連会社を含みます。以下FT)が作成した資料を、フランクリン・テンプルトン・ ジャパン株式会社が翻訳した資料です。
    ●当資料は、FTが各種データに基づいて作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。
    ●当資料に記載された過去の成績は、将来の成績を予測あるいは保証するものではありません。また記載 されている運用スタンス、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。
    ●この書面及びここに記載された情報・商品に関する権利はFTに帰属します。したがって、FTの書面に よる同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で配布することはご遠慮ください。
    ●当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
    ●フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第417号、加入協会/ 一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会・一般社団法人第二種金融商品取引業協会) はフランクリン・リソーシズ・インク傘下の資産運用会社です。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ