耐震性にも影響…「高温多湿の日本では、通風のいい家がよい」という“とんでもない誤解” 写真提供:オイカ創造所一級建築士事務所

時折、「日本の気候に合うのは、通気性のある低気密の住宅だ」といった「誤解」の声が聞かれます。ここでは「高気密・高断熱住宅」の真実について、住まいるサポート株式会社代表取締役・高橋彰氏が解説していきます。

密閉空間にいると「シックハウス症候群」になる?

2003年に建築基準法が改正され、新築住宅には「24時間換気システム」の設置が義務づけられました。

 

当時、人口建材や日用品から化学物質が揮発し、室内に充満することで居住者に健康被害(目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など)をもたらす、いわゆるシックハウス症候群が問題となりました。

 

シックハウス症候群の原因物質のひとつであるホルムアルデヒドは、建材に使用されていなくても、家具などから発散されることがあります。

 

そのため建築基準法を改正し、必要な換気回数を0.5回/h以上として、24時間換気システムの設置が義務づけられたのです。換気回数が0.5回/h以上というのは、1時間で部屋の空気の半分が入れ替わることを意味します。24時間換気システムとは、ファンなどの機械を使って室内の空気を計画的に入れ替え、常時新鮮な空気を維持するためのシステムです。

 

つまり、2003年の建築基準法改正以降に建てられた住宅は、換気は基本的には24時間換気システムにより行われています。高気密住宅でなくても、新築住宅の換気は24時間の機械換気システムにより行われるのが前提です。そのため、高気密だからといって息苦しいとか窒息するといったことはないのです。

 

もちろん「高気密住宅でも風通しが欲しい」ということであれば、窓を開けて風を通せばいいだけです。

「法隆寺」は建立から1,000年以上経っているが…

欧米と違って高温多湿の日本では、「気密性をいたずらに高めず、通風のいい家にするとよい」と歴史から学んできたのだ、と力説する方もいます。

 

彼らがよく持ち出すのが法隆寺です。夏の高温多湿によるカビや木材の腐朽を防ぐために、伝統工法の家はすきま風をよく通し、湿気を逃がす構造にすることで、1,000年以上も持っているのだ、と。

 

確かにそれは間違っていません。ただ、法隆寺に限らず昔の家と現代の住宅とで大きく異なるところが一点あります。

 

昔の家や寺社仏閣等の建物では、冷暖房をあまり行わないため、室内外での温度差が少ないということです。

 

室内外で温度差があまりなければ、通風(正確にはすきま風)のいい家は木が腐らず、シロアリも発生せずに、長い間使うことができるというのはその通りです。

 

ただ現代の住宅では、冬は暖房、夏は冷房を行います。きちんと冷暖房して、家全体を快適な室温を保つことは居住者の健康にとって非常に重要です。そして冷暖房の効率性・快適性を考えれば、断熱性を高めることが必要とされます。

 

「中途半端な断熱と気密性能」は、家の「耐久性」に最もよくない影響をもたらします。なぜでしょうか?

住まいるサポート株式会社 代表取締役
一般社団法人日本エネルギーパス協会 広報室長 

神奈川県出身。東京大学修士課程(社会人特別選抜 木造建築コース)に在学中。千葉大学工学部建築工学科卒。リクルートビル事業部、UG都市建築、三和総合研究所、日本ERIなどで都市計画コンサルティングや省エネ住宅に関する制度設計等に携わった後、2018年に「高性能な住まいの相談室」を運営する住まいるサポートを起業。

日本でトップクラスの性能を誇る住宅会社を厳選して提携し、消費者に無料で紹介する等、住まいづくりのサポートを行うサービスを提供。

また、横浜市住宅政策課主催のセミナーや毎日新聞社主催のセミナー等、多数のセミナーに登壇、メディアへの出演など、高性能な住まいづくりに関する情報発信に積極的に取り組んでいる。

住まいづくりを考えている方々への情報発信を通して、ひとりでも多くの方が、住宅の性能に関する基礎知識を持つようになり、他の先進国並みに「結露のない健康・快適な家」を普及させることを目標としている。

住まいるサポート株式会社ウェブサイト:https://sml-support.com/

著者紹介

連載人生の質(QOL)が激変!性能にこだわった住まいづくりの知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ