値動きが大きいファンドへの投資「下落続きの不安」を軽減する〈ドルコスト平均法〉

本記事は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するマーケットレポート『なるほど!ザ・ファンド』を転載したものです。

「値動きが⼤きいファンド、下落続きだと不安で…」

積⽴投資であれば、基準価額の下落が続いたとしても、その後の値動きによっては、値動きが安定的なファンドより⾼い収益を得る可能性もあります。

 

異なる値動きをするファンドA、ファンドBについて、⼀括投資と積⽴投資のケースをみてみましょう。

 

ファンドA、Bは10年間、それぞれ以下の条件で運⽤されたとします。

 

 ファンドA 

年率プラス2%のリターンが10年間継続。

 

 ファンドB 

年率マイナス3%のリターンが6年間継続した後、年率プラス6%のリターンが4年間継続。

 

◆1,200万円を⼀括で投資して運用した場合

 

※上記は⼀定の前提条件に基づいて三井住友DSアセットマネジメントが⾏ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。また、将来の成果を⽰唆あるいは保証するものでもありません。
※上記は⼀定の前提条件に基づいて三井住友DSアセットマネジメントが⾏ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。また、将来の成果を⽰唆あるいは保証するものでもありません。

 

⼀括投資の場合、値動きが安定的な ファンドA が有利でした。

 

では、積⽴投資の場合はどうでしょうか︖

 

◆毎月10万円ずつ10年間、総額1,200万円を投資して運用した場合

 

※上記は⼀定の前提条件に基づいて三井住友DSアセットマネジメントが⾏ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。また、将来の成果を⽰唆あるいは保証するものでもありません。
※上記は⼀定の前提条件に基づいて三井住友DSアセットマネジメントが⾏ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。また、将来の成果を⽰唆あるいは保証するものでもありません。

 

積立投資の場合、値動きが大きい ファンドB の方が、安定的なファンドAよりも高い収益を得るという結果になりました。

積立投資なら、価格下落の不安を軽減できる

同じ資産に対し、①同じ金額を、②異なるタイミングで、③継続的に買い続ける方法をドルコスト平均法といいます。

 

ドルコスト平均法のメリットは、下落局面で多くの口数を買うことができるため、1⼝当たりの単価を引き下げられる点です。

 

積立投資の場合、基準価格が下落しても投資を続けることで1口当たりの単価を引き下げておけば、価格が上昇に転じたときに⾼いリターンを得ることができる可能性もあります。

 

積立投資による時間分散は、値動きが⼤きい資産に対して効果的です。

 

株式など、値動きが大きい資産への投資は下落が心配と思われる方も、積⽴投資なら不安が和らぎ、投資を継続していただけるのではないでしょうか。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『値動きが⼤きいファンドへの投資は、下落が続いたときに不安になるのだけど︖』を参照)。

 

(2021年10月13日)

 

関連マーケットレポート

2021年9月19日 「スーパーアニュエーション」がオーストラリアの株式市場をサポート︖

2021年9月10日 毎⽉⼀定の⾦額を資産から取り崩す場合、資産を運⽤しながら取り崩すことにメリットはあるの︖

あなたにオススメのセミナー

    私たちは運用・調査・営業など多様なバックグラウンドを持ったプロフェッショナル集団で、主に公募投資信託に関連する各種資料の作成および資産形成を推進するコンテンツ開発・情報発信などを行っています。これからも最高品質の運用情報サービスを提供できるようチーム一人ひとりが能力を最大限発揮し、すべての人のQuality of Lifeの向上に貢献してまいります。

    著者紹介

    連載なるほど!ザ・ファンド/三井住友DSアセットマネジメント

    【ご注意】
    ●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
    ●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
    ●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
    ●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
    ●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ