その他 年金
連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

いよいよ年金制度改正…「65歳から」「将来も本当にもらえるか?」に衝撃回答

老後資金

いよいよ年金制度改正…「65歳から」「将来も本当にもらえるか?」に衝撃回答 (画像はイメージです/PIXTA)

「自分たちも本当にもらえるのか?」と、不安の声がよく聞かれる年金問題。2022年4月より施行される年金制度改正法では、どのような改正が行われ、そこから何が読み解けるでしょうか。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

これまでより「長い期間にわたり」働くようになる…

令和2年6月5日に公布された「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が、2022年4月よりついに施行されます。

 

改正の概要には、主に以下の4点が挙げられます。

 

**********

 

■改正の概要

 

①被用者保険の適用拡大
 

②在職中の年金受給の在り方の見直し

 

③受給開始時期の選択肢の拡大

 

④確定拠出年金の加入可能要件の見直し等

 

**********

 

多くの制度が見直されている本改正ですが、その意義はどのようなものとされているのでしょうか。厚生労働省のホームページからみていきましょう。

 

“今後の社会・経済の変化を展望すると、人手不足が進行するとともに、健康寿命が延伸し、中長期的には現役世代の人口の急速な減少が見込まれる中で、特に高齢者や女性の就業が進み、より多くの人がこれまでよりも長い期間にわたり多様な形で働くようになることが見込まれます。こうした社会・経済の変化を年金制度に反映し、長期化する高齢期の経済基盤の充実を図る必要があります。”『厚生労働省ホームページ』より

 

「多くの人がこれまでよりも長い期間にわたり」「働くようになる」と、はっきりと記述されています。では、それに伴って年金の受給開始時期は遅くなっていくのか?と思われます。

 

しかし読み進めていくと、

 

“高齢期の就労の拡大等を踏まえ、高齢者が自身の就労状況等に合わせて年金受給の方法を選択できるよう、繰下げ制度について、より柔軟で使いやすいものとするための見直しを行います。現行制度では、60歳から70歳まで自分で選択可能となっている年金受給開始時期について、その上限を75歳に引き上げます。繰下げ増額率は1月あたり、プラス0.7%(最大プラス84%)となります。この制度改正は、令和4年4月から適用され、令和4年4月1日以降に70歳に到達する方(昭和27年4月2日以降に生まれた方)が対象です。なお、現在65歳からとなっている年金支給開始年齢の引上げは行いません。”『厚生労働省ホームページ』より

 

とあります。「なお、現在65歳からとなっている年金支給開始年齢の引上げは行いません」と太字で記されており、今回の改正で受給開始が遅くなるというわけではありません。

 

「あくまで個人の意思で、受給開始を遅らせる選択ができる」というところに留まっています。

 

平均寿命が伸びているとはいえ、自身の寿命がどれくらいであるかは誰にもわかりませんから(定期的に健康診断を受診することである程度ははかれるかもしれませんが)、受給開始時期を自身の判断で遅らせるかというと、悩ましいところではないでしょうか。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ