景気循環「長期化傾向」が顕著に…株式投資の〈リスク要因〉はどう変化する? (※写真はイメージです/PIXTA)

株価を左右する要因にはさまざまなものがありますが、なにより大きいのは「景気動向」です。景気の波は上下するものであり、拡大し続けることも、悪化し続けることもありませんが、近年では、従来にないほど景気循環が長期化する傾向が見て取れます。今後株式投資するにあたっては、それを踏まえたうえでリスク要因の把握に努めることが必要です。

景気後退が始まっている

前述したように、2018年10月に第16循環の山を越えたと見られていて、景気後退が始まっていると思われる状態です。しかも、2020年は新型コロナウイルスが拡大した影響で、景気が大幅に落ち込みました。特に、2020年4~6月期は年率換算でGDPが前年比マイナス28.1%となり、戦後最悪となりました。

 

2022年1月上旬時点では、2020年の下げが大きすぎた反動や、ワクチンの接種がだいぶ進んではいることなどから、2020年よりは景気は持ち直しています。変異株による感染拡大の第5波は10月末時点で終息に近づきつつあり、緊急事態措置やまん延防止等の措置区域は9月末で全国的に解除されています。しかし、今後も感染の第6波の可能性もあり、まだまだ楽観を許さない状況です(現在は第6波が襲来しています)。

消費税増税の悪影響もあり得る

景気への悪影響となるもう1つの材料として、2019年10月に消費税が10%に引き上げられたことがあります。

 

消費税は1989年4月から税率3%で導入されました。その年は年末まで日経平均株価が上昇して史上最高値をつけましたが、翌年以降はバブルが崩壊して、株価が大幅に下落しました。また、1997年4月に消費税が5%に引き上げられましたが、株式市場は増税前の1996年6月から下落し始め、1998年10月頃まで下落トレンドが続き、日経平均株価はその時点でのバブル後最安値をつけました。

 

2014年4月に消費税が8%に引き上げられた時は、株式市場にはさほど影響は出ずに済みました。しかし、1989年と1997年には大きな影響が出ていることや、2022年1月上旬時点で新型コロナウイルスや東京オリンピックの影響があることも考えると、2019年10月の消費税増税も株価に悪影響を与えることになりそうです。

株価の大幅下落の恐れもなくはない

バブル崩壊以降の日経平均株価の動きを見ると、株価が下落し始めると、底を打つまでに大きく下がる傾向が見られます。特に、21世紀に入ってからは、日経平均株価は2003年4月に7603.76円、2008年10月に6994.90円まで下がったことがあり、下げ方が一段と厳しくなっています。「山高ければ谷深し」という相場格言がありますが、まさにその通りの動きをしています。

 

ちなみに、2003年4月に株価が底を打ったときには、その前の2001年9月11日に米国同時多発テロが起こり、10月からは米英などがアフガニスタンを攻撃して、アフガン戦争が起こっています。さらに、2003年3月19日から米英などが軍事介入してイラク戦争が起こり、1か月ほどで大規模戦闘が終結するという経過をたどりました。

 

また、2008年10月の底は、リーマンショック(2008年9月15日)の影響によるものです。

 

2022年1月上旬時点では、新型コロナウイルスの影響があります。新型コロナウイルスの問題が深刻化した2020年初頭の頃を見ると、日経平均株価は1月に2万4000円台まで上昇していたのに対し、3月には安値で1万6000円台まで急落しており、大きな影響が出ました。その後はリバウンドし、比較的短期間で2万円台を回復しましたが、今後、新たな変異株によってワクチンが効かなくなるといった事態が起こると、再度急落することも十分にあり得ると考えられます。

 

 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、著述家、個人投資家
藤本 壱

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

投資家 

1969年兵庫県伊丹市生まれ。神戸大学工学部電子工学科を卒業後、パッケージソフトメーカーの開発職を経て、現在はパソコンおよびマネー関係の執筆活動のほか、ファイナンシャルプランナー(CFP® 認定者)としても活動している。個人投資家としては、早くからパソコンとデータを駆使した詳細な分析で株式投資を実践している。

【最近の投資・マネー関連の著書】
「手堅く短期で効率よく稼ぐ 株カラ売り5つの戦術」「高配当・連続増配株投資の教科書」「実戦相場で勝つ! 株価チャート攻略ガイド」「実戦相場で勝つ! FXチャート攻略ガイド」(以上、自由国民社)、「Excelでここまでできる! 株式投資の分析&シミュレーション完全入門」(技術評論社)、「プロが教える! 金融商品の数値・計算メカニズム」(近代セールス社)などがある。

著者紹介

連載株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

本連載は藤本壱氏の著書『新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資』(自由国民社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

新版 株初心者も資産が増やせる 高配当株投資

藤本 壱

自由国民社

コロナ禍に見舞われても、2022年も高配当株は健在! 2022年3月期企業の配当総額は12兆円超え! 3年振りに過去最高を更新の見込みで、チャンス到来! ベテラン投資家から株初心者までできる、「高配当株投資」の堅実な始め方…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ