「亡き父の財産は、すべて母に」親思いな子の〈相続放棄〉がトラブルを招くケース【司法書士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

亡くなった父の遺産をすべて母に渡すため、1人息子の自分は相続放棄したい…。そんな母親思いの行動が、祖父母、あるいはおじおばといった親族関係に、大きなトラブルを引き起こすリスクがあるのをご存じでしょうか。相続放棄を考えたとき、本当に選択する必要があるのか、十分な吟味が求められます。多数の相続問題の解決の実績を持つ司法書士の近藤崇氏が平易に解説します。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

亡くなった父の財産は、すべて母親に渡したいが…

 相談内容 

 

地方の実家に暮らす父が亡くなりました。

 

私は1人息子で、結婚して実家を離れています。生活にはゆとりがあるため、父の財産はすべて母に相続してもらいたいと考えています。

 

その場合、「相続放棄」するのが最も簡単な方法なのでしょうか?

遺産に負債がある場合、親族トラブルになることも

 回 答 

 

相続放棄は、亡くなった方の相続について「はじめから相続人でなかった」ことになる制度です。つまり、相続放棄をすると、亡くなった方とは「相続関係において」は無関係になります。

 

民法第939条

「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。」

 

亡くなった方に多額の負債があった場合、これを次世代に引き継がせるのは余りにも酷です。これを防ぐためにある制度といってもよいでしょう。

 

そのため、よく検討しないで相続放棄してしまうと、思いもよらない相続トラブルに発展するリスクもあります。

 

今回の相談内容の場合、1人息子が相続放棄することで、下図のように相続関係が変化することになります。

 

 

つまり、父親が亡くなったことで、母親(配偶者)と子(1人息子)が相続人となるところ、子が相続放棄したことで、母親だけが相続人となり、子ははじめから相続人でないことになるのです。

 

しかし、もし亡くなった父の尊属(子から見た祖父母)が存命の場合は、その方たちも相続人となります。

 

 

このように、1人息子が相続放棄をしてしまうと、相続において子は「はじめからいなかったもの」として扱われてしまいますので、子どもがいない夫婦と同じ相続関係となります。

 

つまり、妻(配偶者)と夫の両親(あるいはきょうだい)が相続人となってしまいます。

 

こうした場合、やはりトラブルとなりやすいのが、妻と夫の親族が共同相続人となってしまうことです。はっきり申し上げると、往々にして遺産分割協議が上手くいかないケースが目立つのです。

 

このようなケースで、目立った負債(借金)がないのなら、妻と子で「妻がすべての財産を相続する」という遺産分割協議を行うほうがいいでしょう。

 

もちろん、亡くなった方に借金などの債務が多い場合は別です。そのような状況であれば、親族が協力して相続放棄の手続きを行うべきです。

 

子や妻が相続放棄をした場合、亡くなった夫の両親、両親がいない場合や相続放棄をした場合は、亡くなった夫のきょうだいが相続人となってしまいます。その場合、先順位で相続放棄をした方の手続が終わり次第、すべての相続人が順々に相続放棄をします。

 

こうしたケースにおいても、遺産分割協議をした方がよりスムーズだといえます。


 

近藤 崇
司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

    司法書士法人近藤事務所ウェブサイト:http://www.yokohama-isan.com/
    孤独死110番:http://www.yokohama-isan.com/kodokushi

    横浜市出身。横浜国立大学経営学部卒業。平成26年横浜市で司法書士事務所開設。平成30年に司法書士法人近藤事務所に法人化。

    取扱い業務は相続全般、ベンチャー企業の商業登記法務など。相続分野では「孤独死」や「独居死」などで、空き家となってしまう不動産の取扱いが年々増加している事から「孤独死110番」を開設し、相談にあたっている。

    著者紹介

    連載現場第一主義の司法書士がレクチャーする「相続まめ知識」

    本記事は、司法書士法人 近藤事務所が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ