令和時代…庶民にも「相続・遺言書」の基礎知識が必要なワケ ※写真はイメージです/PIXTA

相続税の納付が求められる層が増えたといっても、大半の人にはあまり関係のない話です。しかし、相続税の納税が不要な人でも、万一の際、自分の遺産がだれにどの程度配分されるのか、明確に理解しておくことは重要ですし、遺言書の準備があればなおいいでしょう。それが遺された家族の「今後の関係」を円満に保つ秘訣になるからです。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

庶民でも「相続→争続」に発展することがある

一般庶民の場合、相続争い(争続・争族)の話を聞いても「資産何億円という金持ちの話で、われわれには関係ないことだ」と思う人も多いのではないでしょうか。しかし実際は、庶民が数百万円、場合によっては数十万円の遺産を争うような相続争いも珍しくないといいます。

 

きょうだい間における「親からの不平等な扱い」に由来する相続トラブルも多いようです。

 

「自分は高卒で働いたのに、ほかのきょうだいは大学を出してもらった」「自分と自分の配偶者が老親を介護したのに、ほかのきょうだいは無関心だった」等の理由で、「自分はほかのきょうだいより多く相続すべきだ」といった主張をし、それによってきょうだいの関係が悪化してしまい、おしまいには口もきかなくなる…というパターンです。

 

また、長年親の実家に同居し、両親の介護から看取りまで行ったものの、自宅以外の財産がほとんどないため、ほかのきょうだいと遺産分割するにあたり、生活拠点でもある実家の売却をしなければならず、途方に暮れている、という、気の毒なケースもあるといいます。

 

このような問題は、資産家であればまず起こらないといえるでしょう。

遺産は法定相続分通りに分割されるのが原則

みなさんは、自分の財産がだれにどの程度の割合で相続されるのか、しっかり理解しているでしょうか。相続は原則として「法定相続分」に則って行われます。まずは法定相続分の基本を知っておきましょう。

 

 相続人と遺産分割の割合 

 

配偶者と子…配偶者:1/2、子:1/2

 

子だけ…子:全額

 

配偶者と親…配偶者:2/3、親:1/3

 

配偶者ときょうだい(あるいは甥姪)…配偶者:3/4、きょうだい(甥姪):1/4

 

親だけ…親:全額

 

きょうだい(あるいは甥姪)だけ…きょうだい(甥姪):全額

 

配偶者だけ…配偶者:全額

 

子・親・きょうだいが複数人いれば、上記の割合を複数人で分け合います。夫婦の関係が破綻していて、内縁の妻もしくは夫がいる場合も、法律上の配偶者だけが相続上の配偶者となります。相続税法上は婚姻届が絶対的な効力を認められているのです。

 

また、上記の配分を見て気づいた方もいるかもしれませんが、しばしば問題になるのが「子どもがいない夫婦」のケースです。亡くなった人(被相続人)に配偶者がいたとしても、子どもがいない場合は、被相続人の親が存命なら親、親が亡くなっていてもきょうだいがいればきょうだい(きょうだいが亡くなっていれば甥姪)にも、相続権が発生します。つまり、亡くなった配偶者の財産の一定割合を、配偶者の親族に渡すことになります。

 

よく問題となるのは、亡き夫名義の家に暮らす高齢の妻が、遺産分割のために自宅の売却を迫られる、老後資金の一部を持っていかれる…といったケースです。しかし、きょうだい(甥姪)には「遺留分(法律で保障される一定割合の相続分)」がありませんので、生前に「配偶者に全財産を相続させる」と一筆書いておけば、残された側が生活の基盤を失うことは防げます。

 

このような点から、子どものいない夫婦にとって、遺言書作成はとても大切だといえます。

 

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

 

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ