独身でも既婚でも…非正規雇用者が「厚生年金への加入」で得られるすごいメリット ※写真はイメージです/PIXTA

サラリーマンや公務員が加入している厚生年金には、加入者へのさまざまな優遇措置やメリットがあります。非正規雇用者も一定の条件を満たせば加入可能であり、むしろ自ら加入条件をクリアするように働くなど、積極的な加入を強くお勧めします。具体的なメリットや加入条件の基本について、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

非正規労働者も、働き方次第で厚生年金に加入できる

公的年金は2階建てで、1階部分は20歳から60歳までの居住者全員が加入する国民年金、2階部分はサラリーマン(男女を問わず、公務員等を含む、以下同様)が加入する厚生年金です。したがって、自営業者や失業者などは厚生年金には加入できません。

 

しかし非正規労働者は、働き方によってはサラリーマンと見なされ厚生年金に加入する場合と、見なされない場合があります。サラリーマンと見なされる条件は複雑ですが、大企業で週に20時間以上働くか、中小企業で週に30時間以上働く、といったイメージです。

 

筆者は「サラリーマンとみなされるように働き方を工夫して、厚生年金に加入することが望ましい」と考えています。各自の事情に応じて考えていきましょう。

ほぼ同額の保険料で、国民年金に厚生年金が加算される

独身の非正規労働者は、サラリーマンとみなされれば厚生年金に加入し、みなされなければ国民年金に加入します。国民年金の保険料は年間約20万円で、未払いがなければ老後は毎月6.5万円の国民年金(受け取るときは老齢基礎年金と呼ばれます)が受け取れます。

 

厚生年金に1年間加入すると、払う厚生年金保険料は年収(正確には標準報酬月額の12倍+標準賞与額の2倍)の9.15%となります。年収220万円あたりであれば、国民年金保険料とほぼ同額ですが、老後は国民年金に上乗せする形で厚生年金(報酬比例部分)が受け取れます。ちなみに、老後に毎年受け取る上乗せ部分の年金額は現役時代の年収の0.5481%です。

 

年収が上がると支払う年金保険料が上がりますが、老後に受け取れる年金も増えますから、保険料が国民年金保険料を上回った部分についても、年金を65歳から17年間受け取れば元がとれるという計算です。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ