マイホーム購入「中古+リノベなら、資産価値が下がりにくい」は本当か?【不動産のプロが解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

近年の新築住宅の価格高騰に伴い、急速に流行しはじめたのが「中古住宅を買って自分でリノベーションする」スタイルです。建築会社や不動産会社も、新築市場が縮小するなか、売上維持のために、このビジネスへこぞって参入しています。はたして本当に経済メリットの高い、資産価値の向上に寄与する行為なのでしょうか。不動産のプロの視点から解説します。

【関連記事】47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

「中古+リノベ市場」が大きく成長している背景

マイホームの購入を希望する人々の間で「中古+リノベーション」が流行している背景には、

 

①人口縮小により空き家が増加している

②景気が伸び悩むなか若い世代の住宅にかけられる予算が減っている

③「新しいものでなくてもいい」という価値観が若者世代に浸透してきた

④リノベーション費用も住宅ローンに組み込めるようになった

⑤若い世代の価値観が多様化し、画一的な新築住宅よりも自分に合った家を好む若者が増えた

 

等が主な要因として挙げられます。

 

このような時勢のなかで「中古+リノベーション」のビジネスを積極的に展開している企業は、

 

「新築は購入後すぐに価値が落ちるからもったいない」

「中古を買ってリノベーションすれば、自由な間取りや空間を安く手に入れられる」

「すでに価格が落ちている中古住宅を買うので、資産価値が落ちづらい」

 

といったプロモーションを大々的に行い、業績を伸ばしています。

「資産価値が落ちづらい」という前提に疑問符

新築と比較したときの「中古+リノベーション」のメリットとして、ライフスタイルに合わせた自由な間取りや空間を作れることがあげられます。たしかにこれは新築のマンションや建売住宅では得られない利点であり、安く注文住宅を建てるようなイメージです。

 

一方で、リノベーション会社がメリットとして盛んに唱えている「資産価値が落ちづらい」という点に関しては、疑問を感じざるを得ません。

 

実際に筆者が不動産の売買に携わるなかで、購入時にリノベーションした家を売りたいというご相談を受けることもあります。そのような方の多くは、リノベーションしている分だけ高く売れるだろうと期待されています。

 

しかし実際には、売主が期待したほどの値段で売れることはほとんどありません。それどころか、リノベーション費用までフルローンで住宅ローンを組んでいる方の場合は、売ってもローンを返しきれないケースがほとんどです。つまり、

 

自宅の市場価値 < 住宅ローン残高

 

の状態であり、いわゆる「オーバーローン(債務超過)」に陥っているのです。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

ライフソレイユ株式会社  取締役

ライフソレイユ株式会社ウェブサイト:https://life-soleil.jp/loan-arrears/

青山学院大学経営学部卒業。

大手コンサルティング会社に6年間勤務し、主に中小企業の経営再建や業績アップを支援。その後、任意売却専門の不動産会社「ライフソレイユ株式会社」を設立し取締役に就任。

現在までに延べ1000人以上のローン破綻者から相談を受け、生活再建を支援している。

著者紹介

連載不動産任意売却のプロがレクチャー!「資産性の高いマイホーム」購入のポイント

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ