【65歳・70歳・75歳】公的年金の受給開始年齢「おトク」といえるスタート地点 ※写真はイメージです/PIXTA

長引く不況やコロナ禍にあって、老後不安を募らせている人は少なくありません。しかし、私たちの老後には公的年金があります。一部、公的年金について危機感をあおるような報道もありますが、専門家から見て正しい意見とはいえません。とはいえ、公的年金が設計された当初から社会は大きく変化しています。メリットを最大限享受するにはどうするべきか、経済評論家の塚崎公義氏が検証していきます。

【関連記事】老後破綻は他人事ではない…「50代から枯れる人」3つの特徴

公的年金は、老後の二大リスクと戦える「最強の柱」

公的年金は、老後資金の最強の柱です。標準的なサラリーマン夫婦は65歳から毎月22万円程度が受け取れますし、自営業者も年金保険料をきちんと払っていれば毎月13万円程度が受け取れますから。

 

公的年金は、どれだけ長生きしても生きているあいだは受取り続けることが可能ですし、インフレが来れば原則としてインフレ分だけ受取額が増えるので、長生きとインフレという老後資金の最大のリスクにきちんと対応してくれるわけです。

 

少子高齢化によって支給額が少しずつ減ってしまうというリスクはありますが、それでもほとんどの専門家は公的年金が老後資金の最強の柱だと考えていると思います。

70歳まで待てば、毎回の受取額が42%増える

公的年金は、65歳から受け取るのが普通ですが、65歳と決まっているわけではなく、60歳と70歳(2022年4月以降は75歳)の間で選ぶことができます。当然ですが、早く受け取り始めれば毎回の受取額が少なくなり、遅くまで待ってから受け取り始めれば毎回の受取額が多くなるわけですね。

 

たとえば70歳まで待ってから受け取りはじめると、毎回の受取額が42%増えるので、標準的なサラリーマン夫婦は年金だけで暮らせるでしょう。自営業者夫婦も、毎月13万円の1.42倍あれば、最低限の生活は公的年金だけで可能かもしれません。

 

上記のように、公的年金は「長生きリスク」と「インフレリスク」に備えることができるので、公的年金を充実させることは、老後資金を考えるうえで大きな安心材料を手にすることになるわけです。

計算上、平均寿命まで生きれば元は取れるが…

70歳まで待つと毎回の受取額が42%増えるということは、82歳まで、つまり平均寿命まで生きれば元が取れる計算になります。

 

ただ実際には、人によっていろいろなことが起こり得ます。たとえば、毎回の年金受取額が増えたことで累進課税の税率が上がってしまったり、住民税非課税限度を超えてしまって住民税が課税され、その結果として非課税者に認められている恩典が受けられなくなってしまったりしかねません。

 

あるいは、配偶者が加給年金を受け取れなくなってしまう可能性もありますから、一度ファイナンシャルプランナーに相談してみるといいかもしれません。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ