「だれが買うんだ…」洋服屋がセンスの悪い〈捨て色〉をあえて仕入れる納得のワケ ※写真はイメージです/PIXTA

生活をするうえで、私たちは日々、実に様々な選択を迫られています。何の気なしにその選択肢を選んでいると思っていても、そこには人間としての心理的特性が影響しているのです。どういうことでしょうか。ベストセラー作家で、劇作家・演出家としても活動する竹内一郎氏が、具体的な例を交えて解説します。

「おとりメニュー」の活用で、目的の選択肢へ誘導

あなたが忘年会や新年会の幹事をやるとする。居酒屋の飲み放題のコースは、Aコースは5品付きで4500円である。Bコースは7品にデザート付きで5500円である。選択肢が二つの場合は、迷いは少ない。安くあげたい場合はAコース、リッチにいこうというときはBコースになる。

 

しかし、このコースのほかに、デザートなしで7品5500円のCコースがあれば、あなたはどう判断するだろうか。Bコースと品数が同じでデザートが付かないものが、同じ5500円なのである。Cという選択肢が生まれたおかげで、Bコースの価値が上がった気がしてくる。ということは、Cという選択肢が生まれたおかげで、なんとなくBを選んでしまう人が増えるのではなかろうか。

 

Cを選ぶ人はいないが、それが存在する理由は十分にある。CコースはBコースを選ばせる「おとり」の役割を果たす。店側は、4500円のコースを選ばれるより、5500円のコースを選んでくれたほうが客単価は上がり、得になる。

 

また私たちの多くは、評価が中間のものを選ぶ傾向があることも知られている。和食の定食に「松・竹・梅」の3種類があるとき、値段は「松」が最も高く、「竹」が真ん中、「梅」は最も安い。もちろん料理の質もそれに応じている。多くの人は、懐具合にもよるが、中間の「竹」を選ぶことが多いのではなかろうか。この傾向を「妥協効果」と呼ぶ。人は無難な物を選びたがるのだ。

 

しかし、メニューに「松」と「梅」の2種類しかなければ、多くの客は(その店が当たりか外れかわからない場合は)、安い「梅」を選ぶのではあるまいか。なぜなら、外れたときのダメージを減らしたいから。だが店側にすれば、「梅」を選ばれると客単価が下がってしまう。「竹」という選択肢があることで、客は「梅」を選びにくくなるのだ。

センスの悪い「捨て色」に秘められた、洋服屋の狙い

洋服屋には「捨て色」という考え方がある。店が、同じ柄のTシャツを、赤、青、黄、白、黒の5色並べるとする。Tシャツの色もよい、柄もよいとする。Tシャツ自体の色と柄の色の相性もよい。

 

つまりは、5色ともハイセンスな商品なのだが、客はセンスのよいものが5つ並んでいると、選択に困るものだ。どっちもどっち、という感覚である。店員は客の応対にも時間がかかってしまう。

 

そんなとき、店側は、1色だけ「捨て色」を作る。この色のTシャツに、この色の柄はないでしょう、と言いたくなるようなセンスの悪い組み合わせをあえて作るのである。

 

一体どういうセンスの人がこの組み合わせを考えたのか。それを、センスが売り物の洋服屋が並べるとはどういうことなのか。客は理解に苦しむ。

 

しかし店側には、きちんと狙いがあるのだ。5色のうち、1色だけセンスの悪いものがあれば、残りの4色がよく見える。4色から選んだ客は、得した気になれる(同じ値段で駄目な商品もあるのだから)。4色をよく見せるために、1色を捨てるのである。

 

随分古い手法であるが、いまでも使われている。よほど効果があるのだろう。

 

売れ残った捨て色の1色は、それが春物なら、春が終わるころに店頭のワゴンに積まれて安い値段で売られることになる。

 

 

竹内 一郎

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

宝塚大学教授
演劇集団ワンダーランド代表

1956年、福岡県生まれ。横浜国立大学卒。劇作家・演出家として演劇集団ワンダーランド代表を務める一方、さいふうめい名義で漫画『哲也 雀聖と呼ばれた男』の原案も担当。『人は見た目が9割』など、著書多数。

著者紹介

連載人間関係が「客観的に見えてくる」心理法則

本記事は『見抜く力 結果を出す人はどこを見ているか』(河出書房新社)より抜粋・再編集したものです。

見抜く力 結果を出す人はどこを見ているか

見抜く力 結果を出す人はどこを見ているか

竹内 一郎

河出書房新社

皆に同じものが見えていて、皆にチャンスは平等に開かれている。 なのに、なぜ雲泥の差がつくのか? 「見た目」から真実を見抜く著者が教える、「目の付け所が違う人」になるためのレッスン!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ