プロの目…ホンネで語る、2022年中国株の有望セクター&銘柄

本記事は、東洋証券株式会社の「中国株」最新レポートを転載したものです。

「新エネ車」の自動車産業と免税市場に注目

新エネ車・車載電池セクターは高成長継続、内需拡大で乳製品にも注目

新エネ車と車載電池市場の好景気が続きそう。2022年の新エネ車販売台数は500万台(前年比47%増)と見込まれる。大手のBYD(01211)の新エネ車販売比率は足元で7割超(市場全体は約13%)。全新モデルに自主開発の高性能車載電池「ブレードバッテリー」を搭載している。

 

出所:MEGAHUB Power Ticker
[図表5]01211 BYD COMPANY LIMITED 出所:MEGAHUB Power Ticker

 

また、ハイエンドEV「ZEEKR」などを手がける吉利汽車控股(00175)の躍進にも期待したい。

 

電池メーカーでは低コストのLFPタイプに強みを持つ国軒高科(002074)が有望だ。電池部材の負極材最大手の上海璞泰来新能源科技(プータイライ、603659)は、部材価格の高騰・高止まりの恩恵を受けると見られる。

 

一方、新エネ車の購入補助金の減額や21年の高成長からの反動には注意が必要となろう。

 

このほか、国策の後押しで整備が進む特高圧分野で国電南瑞科技(600406)の存在感が強まろう。健康志向の高まりで乳製品需要が伸びていけば、最大手の内蒙古伊利実業集団(600887)の商機が拡大しそうだ。

 

出所:MEGAHUB Power Ticker
[図表6]600406 NARI TECNOLOGY DEVELOP-A 出所:MEGAHUB Power Ticker

 

大型施設OPENで免税市場に注目続く、不動産は最悪期を脱するか

新型コロナの感染拡大と移動制限は気がかりだが、消費関連では引き続き中国旅遊集団中免(601888)に注目していきたい。免税店人気は根強く、22年には東京ドーム約20個分の広さの「海口免税城」が完成予定だ。医薬面では、バイオ医薬品の開発受託会社の薬明生物技術(02269)の高成長が続きそう。同社は22年の増収率を45%と見込む。

 

出所:MEGAHUB Power Ticker
[図表7]02269 WUXI BIOLOGICS(CAYMAN)INC. 出所:MEGAHUB Power Ticker

 

出所:MEGAHUB Power Ticker
[図表8]601888 CHINA TOURISM GROUP DUTY F-A 出所:MEGAHUB Power Ticker

 

一方、江蘇恒瑞医薬(600276)は集中調達による薬価引き下げを受け業績が伸び悩んでいる。不動産は中国恒大集団(03333)などのデフォルト懸念が継続も、金融緩和が一定の好材料として働きそうだ。

 

中国の金融監督管理部門は21年12月、「恒大リスク」は制御可能と指摘。同12月開催の中央経済工作会議では、22年の経済運営において「安定が最重要」との基本方針が確認された。

 

不動産については、投機抑制を堅持する一方、合理的な住宅ニーズをよりよく満たすことを支持し、業界の健全な発展と好循環を促すとの主旨も示されている。

 

 

奥山 要一郎

東洋証券株式会社

上海駐在員事務所 所長

 

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【5/24開催】「プライベート・アセット」投資とは<プライベート・エクイティ編>

 

【5/25開催】4つの専門家の視点による「相続税土地評価」と相続対策の進め方

 

【5/25開催】毎月のインカムゲインも狙える小型航空機・ヘリコプター投資とは

 

【5/25開催】インフレの先を読む「ESG投資」の最新事情と資産防衛術

 

【5/26開催】税理士による企業オーナーのための「資産管理会社」を活用した資産形成・防衛術

 

【5/27開催】民事信託と生命保険を活用した「資産承継・管理」の正しい進め方

東洋証券株式会社
 上海駐在員事務所 所長

上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。通信社、コンサルティングファームを経て、2007年東洋証券入社。本社シニアストラテジストを務め、2015年より現職。中国現地で株式動向のウォッチや上場企業取材などを行い、中国株情報の発信・レポート執筆を手がける。

著者紹介

連載【東洋証券】グローバルマーケット情報

【免責事項等】
この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ