早稲田・慶應「就職先トップ10」私立大学2大巨頭の“結構な差” (※写真/PIXTA)

大学入学共通テストまで残り1週間。長かった受験戦争はラストスパートを迎えます。次に「受験生」としてのバトンを握る学生は、重たい腰を上げて勉強を始めつつ、大学情報をリサーチしたいところです。本記事では、早慶の就職事情について見ていきます。

絶句!「良い大学、良い就職」の前に佇む「学費の壁」

良い企業に就職してほしい。だからこそ、我が子は大学まで通わせてあげたい……とはよく聞かれるもの。そこに重くのしかかるのは「教育費」という負担です。

 

***************

【大学「入学」費用】

短大 63.3万円

(私立短大 66.9万円)

大学 82.8万円

(国立大学 71.4万円、私立大学文系 86.6万円、私立大学理系84.5万円)

出所:日本政策金融公庫『教育負担の実態調査』(2020年3月発表)より

※入学費用=受験費用+学校納付金+入学しなかった学校への納付金

 

【大学「在学」年間費用】

短大 138.1万円

(私立短大 147.8万円)

大学 151.9万円

(国立大学 107.0万円、私立大学文系 157.6万円、私立大学理系184.3万円)

出所:日本政策金融公庫『教育負担の実態調査』(2020年3月発表)より

関連記事『年収540万円の会社員…子の大学進学、4年で1,000万円の「無理筋」

***************

 

ここからさらに、生活費や教科書代、交通費などがかさんでくることを思うと、頭が痛くなる方も多いことでしょう。

 

昨年の大学卒業者の進学率は96%と、前年同期を2.0ポイント上回る結果となりました(厚生労働省発表)。コロナ禍3年目となった2022年、学生の未来は明るく開かれているのでしょうか。お財布事情を鑑みつつ、子の将来を願うばかりです。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ