日本のお一人様高齢者は「毎月赤字で生きている」という大悲惨 (※写真はイメージです/PIXTA)

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められていますか?

単身高齢者「毎月赤字」の暮らしぶり

総務省統計局『国勢調査』(令和2年)では、 65歳以上人口の約5人に1人が一人暮らしであることが明らかになっています。

 

結婚の多様化が進む今、「家族を持たない」というのも、当然尊重され得る選択です。まとはいえ、お一人様高齢者として生きるにあたっては、収支の面が不安になるところです。いずれ配偶者との死別を迎える夫婦世帯についても、「個人としての老後」を考える必要があるといえます。

 

そこで総務省統計局『家計調査年報』(令和元年)より65歳以上の単身無職世帯(高齢単身無職世帯)のお金事情を見てみると、実収入は「13万6,964円」、可処分所得は「12万5,423円」となっています。そのうち89.0%は社会保障給付が占めており、年金を頼りになんとか暮らしている単身高齢者が多いことが見て取れます。

 

一方の支出額。社会保険料などを含む非消費支出と日々の消費支出、あわせて「14万4,687円」。月「7,723円」の赤字になっていることがわかります。

 

【65歳以上の単身無職世帯/実収入内訳】

事業・内職収入……1,447円

社会保障給付…… 12万1,942円

仕送り金……1,034円

 

【65歳以上の単身無職世帯/支出内訳】

食料……3万6,581円

住居……1万2,392円

光熱・水道……12,957円

家具・家事用品……5,328円

衣服及び履物……3,181円

保険医療……8,246円

交通・通信……1万2,002円

教養娯楽……1万2,910円

その他消費支出……2万9,549円

直接税……6,430円

社会保険料……5,082円

 

年金だけでは生きていけず、貯蓄を切り崩すほかない現況。金融審議会市場ワーキング・グループ報告書『高齢社会における資産形成・管理』(令和元年)には、単身高齢者の厳しい現実が記されています。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ