年収700万円超でも…「パワーカップル」あまりに厳しい現在地 (※写真はイメージです/PIXTA)

「パワーカップル」をGoogleで検索すれば、次に出てくるのは「パワーカップル ずるい」「パワーカップル 公務員」といった言葉の数々。はたして実情は?

【関連記事】年収1,000万円のパワーカップル…頑張って「タワマン購入」の先に待つ悲惨

「パワーカップル」何とも羨ましい響きだが

「パワーカップル」。明確な定義はありませんが、夫婦ともに年収700~1000万円以上の世帯を指します。

 

日本の所得平均について、厚生労働省『国民生活基礎調査』(2019年)より見ていくと、1世帯あたり平均所得金額は、「全世帯」が552万3,000円。「高齢者世帯」が312万6,000円、「高齢者世帯以外の世帯」が659万3,000円、「児童のいる世帯」が745万9,000円となっています。

 

同調査より分布を見ると、「200~300万円未満」が13.6%、「300~400万円未満」が12.8%、「100~200万円未満」が12.6%と、所得300万円未満の世帯が最も多くなっています。パワーカップルという呼称の所以をうかがい知ることができます。

 

仮に年収700万円と仮定し、その金額を受け取れるであろう職業について考察してみる場合、「安泰なお金持ち…」として思いつくのは国家公務員。給与モデルは下記のとおりです。

 

■国家公務員の給与モデル

係員(25歳)…月額193,900円

本府省課長補佐(35歳)…月額442,880円

本府省課長(50歳)…月額746,160円

出所:内閣官房内閣人事局 国家公務員の給与(令和2年版)より作成 

 

年間4.5ヵ月分のボーナスが支給されることを踏まえると、課長補佐(35歳)の年収は720万円を超えることになります。国家公務員としてお互いに新卒入社、順当に年を重ねた夫婦……がパワーカップルのイメージ像になるでしょうか。

 

しかし実際のところ、公務員が定年を迎えたあと、悠々自適な引退生活を送っているのは、1割程度であることが判明しています。

 

■定年退職時の就労希望

「定年退職後も働きたいと思った」86.6%

※「現在て収入を伴う仕事に就いている」89.6%

 

■働きたいと思った理由(複数回答)

「日々の生計維持のために必要」85.0%

 

■何歳まで働き続けたいと思ったか

「65歳まで」36.3%

「70歳まで」8.1%

「年齢に関係なく、働けるうちはいつまでも働きたい」21.2%

出所:人事院『令和2年退職公務員生活状況調査』より

(関連記事『安定神話、すでに崩壊…公務員「定年後は毎月赤字で生活苦」の現実』)

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ