都道府県「持ち家率ランキング」1位秋田だが…露呈する地域差 (※写真はイメージです/PIXTA)

人口減少・地方の過疎化が問題視される昨今。「持ち家率」「空き家率」を見れば、また新たな様相が明らかになっています。

日本で「空き家」が急増の恐ろしい事態

家を持つことで問題になるのは、ゆくゆくの出口戦略。核家族化が進む今、「我が子に家をあげる」といった選択肢も安易に選べなくなってきています。

 

とはいえ、相続が発生すれば、自動的に子が継がざるを得ないケースも。住む気のない家をもらった結果、ただただ固定資産税を払い続ける空き家と化した……という問題は全国各地で多発しています。

 

実際のところ、空き家問題は深刻化の一途を辿っています。同調査より都道府県別の空き家の状況をみると、総住宅数において、空き家の割合がもっとも高くなったのは、山梨県「21.3%」。和歌山県「20.3%」、長野県「19.6%」、徳島県「19.6%」と続きます。20%を超えたのは2県。5軒に1軒が空き家というわけです。

 

1位 山梨県・・・21.3%

2位 和歌山県・・・20.3%

3位 長野県・・・19.6%

4位 徳島県・・・19.5%

5位 高知県・・・19.1%

6位 鹿児島県・・・19.0%

7位 愛媛県・・・18.2%

8位 香川県・・・18.1%

9位 山口県・・・17.6%

10位 栃木県・・・17.3%

 

なお、もっとも空き家の少なかった県は、埼玉県「10.2%」。沖縄県「10.4%」、東京都「10.6%」、神奈川県「10.8%」と続きます。10%にとどまったのは上記のたった4都県でした(関連記事『ド深刻!都道府県「空き家」調査…「5軒に1軒が空き家」の県』)。

 

憧れのマイホーム。お金から形を変えた資産は、何らかの方法を以て精算しなければならないものです。人生100年時代、ピカピカのマイホームの行く末も、熟慮する必要があります。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ