【お金持ちだけが知っている軍用地投資】実践編…物件探しから契約までの5ステップ ※画像はイメージです/PIXTA

これまで限られた富裕層のみが存在を把握し、投資メリットを享受してきた「軍用地」。しかし、正しく理解し適切な手順を経れば、一般投資家も問題なく市場に参入することができます。ここでは、軍用地の購入における注意点と、実際の物件の見極めから購入に至るまでの流れを解説します。

主な軍用地の「相場の倍率」は?実際のデータを紹介

さて、先ほど出てきた「倍率」は軍用地を購入するうえで、必ず押さえておかなければならないポイントです。軍用地を購入するうえで、誰もが一番気にする指標がこの「倍率」ではないでしょうか。「倍率」とは今の販売価格が1年間当たりの地料の何倍なのかを示したものです。たとえば極東最大の基地である嘉手納飛行場や那覇市に所在する自衛隊基地などの返還されにくい施設、牧港補給地区などの返還を見越した開発計画のある施設は、他の施設よりも高い倍率で取引されているようです。

 

この「倍率」は、物件情報を収集してリスト化することで相場の感覚を養っていくことができます。たとえば、A社から出た嘉手納飛行場の物件情報は65倍で300万円、B社からは58倍で1000万円、C社……というように情報を蓄積していく作業を行うのです。そうすることでその施設の販売価格帯の相場が何倍なのかがだんだんと分かってきます。

 

図表1に私が収集したデータから割り出した主な米軍基地・自衛隊基地の相場の倍率の一覧表を掲載しておきます。不動産業者に相談する前に、まずはイメージをつかんでから具体的な相談をするといいでしょう。

 

2021年9月30日現在、著者調べ
[図表1]主な米軍基地や自衛隊基地の相場の倍率 2021年9月30日現在、著者調べ

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

 

軍用地投資コンサルタント

1973年、沖縄県生まれ。元防衛省沖縄防衛局職員。2018年、防衛省沖縄防衛局を退職し、(株)L&Sコンサルティングを設立。沖縄の米軍基地を中心におよそ20年間、軍用地の管理、取得に携わってきた経歴で、軍用地の裏と表を知り尽くしたプロフェッショナル。軍用地の購入から売却まで年間200件以上のコンサルティング、セミナーを実施にするなど活躍中。また、軍用地投資のビジネス書の先駆者としても多くのファンから支持されている。著書に、『お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない!「軍用地投資」入門』(すばる舎)がある。

【メディア掲載実績】
NHK、時事通信社、毎日新聞社、朝日新聞社、産経新聞社、琉球新報社、沖縄タイムス社、RBC琉球放送、琉球朝日放送、プレジデント社、東洋経済新聞社、日経ビジネスBP他多数。地方紙等の転載掲載は追い切れず。ヤフーニュースにも転載。

著者紹介

連載初心者のための「軍用地投資」入門

本記事は『お金持ちだけが知っている!軍用地投資入門』(自由国民社)より抜粋・再編集したものです。

お金持ちだけが知っている!軍用地投資入門

お金持ちだけが知っている!軍用地投資入門

仲里 桂一

自由国民社

お金の不安はこれで解消!ローリスク・ミドルリターンの投資メソッド「軍用地投資」を公開! 軍用地投資とは、米軍や自衛隊が使用する土地に投資する手法です。日本国内の米軍基地の土地は、日本政府が借り上げて、地主に借…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ