食品工場、あわや「滅茶苦茶な設計図」のまま建設…“工場を建てられない建設会社”があるワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

「建築会社」と名がつけば、住宅や公共施設、工場、病院など、どんな建物であっても上手く建てられると思ってはいないだろうか。ここでは、建物の種類に合わせて実績ある会社を探す必要性を、三和建設株式会社・社長の森本尚孝氏が解説する。

【関連記事】中国・韓国よりも低い性能…「日本の住まい」が寒すぎるワケ

「工場の設計図」を見たプロが唖然としたワケ

工場・倉庫の建設は、数十億円から場合によっては100億円以上の資本を投じる企業の一大プロジェクトである。工期は数年がかりと長期にわたることもあり、無事に完成することはもちろん、「新たな価値を生み出してくれる建物にしたい」と願うのは施主として当然の思いであろう。工事を請け負う会社は当然、この願いを実現する責任がある。

 

しかし実際には「予算がオーバーしてしまった」「工期が延びてしまった」「要望が設計に反映されていなかった……」など、うまくいかないケースがあとを絶たない。作業効率化や労働環境の改善、新たな取引先の獲得など、多くの価値を生み出す建物がある一方、完成すらままならない建物があるのもまた事実である。

 

このようなトラブルはいったいどうして生じるのか。実際にあった事例をもとに、工場・倉庫建設の特殊性を考察する。

 

〈事例〉馴染みの工務店に依頼した結果……

 

A社は1973年創業の食品メーカーである。地元で古くから愛される郷土料理を工場で生産し、お土産品として駅や空港で販売している。

 

主力商品の増産のための新工場建設を計画し、社長は地元の工務店や設計事務所と話を進めていた。既存の工場の建設をその2社に担当してもらった経緯があり、社長は今回も同じ会社に依頼をしようと考えていた。

 

一方、プロジェクトリーダーとなったのは社長の息子である専務だった。その専務は事業承継も見据えて、前例の踏襲や地縁のつながりによる「安易な判断」を見直し、新たな建設計画を立てたいと考えていた。そこで、以前働いていた住宅系の建設会社での人脈を活かして、独自に新工場の建設プランを描き出していったのである。

 

専務が当社を訪れたのは、「工事に入る前に食品工場の建設実績がある人からの意見を聞きたい」という理由からだった。相談に来られたときにはすでに設計図が出来上がっている状態で、それをもとに工事を進める予定になっていた。

 

A社が、当社に持参した設計図は一目見ただけで、食品工場建設の実績のない人が描いたと分かるものだった。

三和建設株式会社 代表取締役社長 

1971年京都生まれ。大阪大学工学部建築工学科卒業、同大学院修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2001年、「サントリー山崎蒸溜所」をはじめ大手企業の建物・工場等を70年以上にわたり建設してきた三和建設株式会社に入社。2008年、4代目社長に就任。

長年にわたり培ってきた豊富な実績を活かし、「単なる建設」を超えた、「顧客の真の要望とメリットを最優先した価値提案」にこだわり続ける。

三和建設はGreat Place to Work® Institute Japanが実施する2021年版「日本における『働きがいのある会社』ランキング」にて7年連続でランクインする。

著者紹介

連載「工場・倉庫づくりのポイント」理想の建設計画

※本連載は、森本尚孝氏の著書『工場・倉庫建設は契約までが9割 完璧な事前準備と最適なパートナー選びでつくる理想の工場・倉庫』から一部を抜粋・再編集したものです。

工場・倉庫建設は契約までが9割 完璧な事前準備と最適なパートナー選びでつくる理想の工場・倉庫

工場・倉庫建設は契約までが9割 完璧な事前準備と最適なパートナー選びでつくる理想の工場・倉庫

森本 尚孝

幻冬舎メディアコンサルティング

新しい工場・倉庫の建設は企業にとって社運を賭ける一大事業である。 これまで多くの工場・倉庫・事務所ビルの建設に携わってきた筆者は、理想の工場・倉庫づくりに最も大切なのは、「一緒に考え、つくり上げていく」パート…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ