平均収入43万円でも…多くの日本人を襲う「辛い少額年金生活」 (※写真はイメージです/PIXTA)

下流老人、老後破産…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。本記事では、日本年金機構が公表している年金額より、老後のリアルを追っていきましょう。

【関連記事】年金10万円でも…日本で「30年後に高齢者になる人」のリアル

厚生年金「22万円」…現役世代にとっては遠い夢なのか

国税庁『令和2年分 民間給与実態統計調査結果』によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は433万円です。ボーナスなどを含めない場合、月の収入では36万円。手取りにすれば27万円~29万円といったところです。

 

日々の暮らしで精いっぱいながらも、老後不安は増すばかり。日本年金機構は今年4月、年金額が原則0.1%引き下げになったことを受け、平均受給額を公表しました。金額は下記のとおり。

 

国民年金(老齢基礎年金(満額))・・・65,075円

厚生年金※(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)・・・220,496円    

 

夫婦合わせて30万円強。それなら安心……と考えたいところですが、厚生年金の下には「※平均的な収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43.9万円)で40年間就業した場合に受け取り始める年金(老齢厚生年金と2人分の老齢基礎年金(満額))の給付水準です。」との注釈がついています。

 

平均的な収入43.9万円。ちなみに最新の家計調査では勤労者世帯の実収入(2人以上の世帯)が1世帯当たり「54.9万円」であったことが明かされています。働き方も依然と様変わりした現在、「しっかり40年勤め上げる」というのも、珍しくなってきました。上記の年金額をそのまま受け取れる方が必ずしも多いとは限りません。

 

何より、日本の年金は賦課方式。現役世代が納めた保険料を年金受給者が受け取っています。超少子高齢化の日本では、「支える側(現役世代)の負担」が大きくなる一方であることは自明であり、「年金制度は崩壊している」とよく論じられます。

 

「年金額が今の人よりすっごく減るって聞いたけど……」

 

囁かれる噂に対し、厚生労働省が運営している『いっしょに検証!公的年金 〜財政検証結果から読み解く年金の将来〜 ー 厚生労働省』では次のように回答しています。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ