【不動産投資の明暗】一等地の1Rマンションで500万円の損失、地方郊外築古で200万円の収益…プロが解説 ※画像はイメージです/PIXTA

不動産投資は一般的に「ミドルリスク・ミドルリターン」とされていますが、実際は相当シビアであり、満足できる成果を得られる投資家ばかりではないという現実があります。明暗を分けるポイントはどこにあるのか、大手コンサルティング会社出身の任意売却専門の不動産会社取締役が、実際のケース例をもとに解説します。

【関連記事】全財産が吹き飛び、返しきれない負債まで…「1Rマンション・一棟アパート投資」失敗の恐怖

山手線内側一等地、好条件の1Rマンションのはずが…

30代の会社員のAさんは、老後のための資産運用として都内のワンルームマンションを購入しました。不動産会社のセミナーに参加し、「駅近の物件は将来的に価格が落ちづらく資産性が高い」という説明を信じ、その不動産会社が販売している新築物件をいわれるがままローンを組んで購入したのです。

 

【Aさんが購入した物件】

 立地:東京23区内(山手線の内側の一等立地、最寄駅から徒歩4分)
 種別:新築ワンルームマンション
 家賃収入:12万円/月(新築当初)
 購入額:3600万円

 

Aさんが購入した物件は、山手線の内側の人気エリアで、駅からも徒歩4分と好条件に見えました。Aさんも「この立地なら絶対大丈夫だろう」と安心して購入したといいます。

 

しかし、購入直後は想定していた通りの賃料で貸し出すことができましたが、新築時の最初の2年で入居者が退去すると、もう次の入居者からは家賃を落とさないと入居が決まらないという状況に陥りました。

 

家賃収入よりもローンの返済額の方が大きくなってしまい、固定資産税や管理費・修繕積立金などのコスト負担も大きかったことから、これ以上は続けられないと思ったAさんは、売却して手放す決断をしました。

 

しかし、複数の不動産会社に査定をしたところ、驚くべき回答が返ってきました。まだローンが3400万円以上残っているのに、一番高い不動産会社の査定結果でも3000万円にしかならなかったのです。

 

Aさんは悩んだ挙句、ローンとの差損を自己資金で補填して売却することを決意します。「このまま持ち続けるのは精神的にも苦しい」というのが決断の理由でした。

 

購入時からのマイナス収支や売却時の諸費用なども含めると、最終的にはトータルで500万円以上の赤字を出したことになりました。

 

Aさんは次のように振り返ります。

 

「浅はかな知識で大きな買い物をしてしまいました。当時は不動産を所有するということにステータスを感じて自分に酔っていたんだと思います。おかげで高い勉強料を払わされました。でもずっと持ち続けて不安な生活を続けるよりは、損切りしてでも足を洗えてよかったと思っています」

 

ライフソレイユ株式会社  取締役

ライフソレイユ株式会社ウェブサイト:https://life-soleil.jp/loan-arrears/

青山学院大学経営学部卒業。

大手コンサルティング会社に6年間勤務し、主に中小企業の経営再建や業績アップを支援。その後、任意売却専門の不動産会社「ライフソレイユ株式会社」を設立し取締役に就任。

現在までに延べ1000人以上のローン破綻者から相談を受け、生活再建を支援している。

著者紹介

連載サラリーマンも経営者もはまり込む、危険すぎる「不動産投資のワナ」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ