妻所有の自宅に、夫の両親が突然来訪「今日からここで暮らす」拒絶は可能か?【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

夫婦二人が暮らす高級マンションは、資産家のひとり娘である妻が、父親から生前贈与されたもの。ところがある日、夫は黙って自分の両親をマンションに招き入れ、「ここで僕の両親と同居する」といい出しました。妻は拒絶することができるのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

所有者が承諾していない以上、立ち退いてもらえる

先ほど、太郎さんが親の老後の面倒を見ようとしていることはよいことだと述べましたが、それは、そのようなことができる環境が整っていればの話です。

 

だれと同居するかは夫婦にとって重要な問題ですから、太郎さんは、自分の親を呼び寄せるのであれば、妻であるゆり子さんの承諾を得るべきであったでしょう。とくに本件では、マンションはゆり子さんの所有物ですから、ゆり子さんの承諾がなければ、いくら両親の老後の面倒を見ようとすることがよいことであったとしても、許されません。

 

そこで、本件では、ゆり子さんの承諾を取らなかった太郎さんに問題があるのであって、「夫の親を追い出すのは、人として問題がある」とする選択肢③も誤りです。

 

したがって、本件では、「マンションの所有者は、ゆり子さんなので、ゆり子さんが承諾していない以上、太郎さんの両親に立ち退いてもらうことができる」とする選択肢④が正解となります。

 

本件では、ゆり子さんが太郎さんの両親が引っ越してきたところで、問題にしているので立ち退いてもらえそうです。

時間が経過すると「同居を承諾」と判断される場合も…

しかし、同居してしばらくしてしまうと、裁判となったときに裁判所に同居を承諾してしたと判断されてしまう可能性があります。

 

老後は同居して面倒を見ることを承諾したとみなされてしまうと、太郎さんの両親が亡くなるまで同居することを承諾したこととなってしまいますから、立ち退いてもらうことはほぼ不可能となってしまうところでした。

 

無償で住まわせる場合、承諾したとみなされてしまうと、思わぬ不利益を被る可能性があります。ご注意ください。

 

※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

 

高島 秀行
高島総合法律事務所
代表弁護士

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    高島総合法律事務所
    代表弁護士 

    1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

    不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

    「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

    著者紹介

    連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ