ド深刻!都道府県「空き家」調査…「5軒に1軒が空き家」の県 [図表]
出所:総務省「平成30年住宅・土地統計調査」

首都圏を中心に、デベロッパーの都市開発が進む一方、地方では人口減少・地域の過疎化が止まりません。人がいなくなった街に残るのは、「空き家」。都道府県別の現状を見ていきましょう。

【全部見る】47都道府県の「空き家率」…和歌山「20.3%」。栃木「17.3%」。京都「12.8%」。

人口減少が止まらない!空き家の増加も止まらない!

少子高齢化が進む今、空き家問題は深刻化の一途を辿っています。相続によって両親や親戚の家を継いだものの、わざわざ移住する予定はない。解体するにも費用がかかるし、そのまま放置……といった事態が相次いでいるのです。

 

総務省『住宅・土地統計調査』(平成30年)によると、居住世帯のない住宅は879万1,000戸(総住宅数に占める割合14.1%)。当該住宅のうち、俗に言う「空き家」は848万9,000戸を占めており、前回の調査(平成25年)と比べ、29万3,000戸増加しています。

 

総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.6%となり、過去最高値を更新しました。日本の家の10軒に1軒以上は空き家になってしまっているわけです。

 

空き家の内訳をみると、もっとも多いのは「賃貸用の住宅」で、432万7,000戸(総住宅数に占める割合6.9%)。「売却用の住宅」が29万3000戸(同0.5%)、別荘などの「二次的住宅」が38万1,000戸(同0.6%)、「その他の住宅」が348万7,000戸(同5.6%)と続きます。

 

同調査では、都道府県別の空き家率についても調べています。総住宅数において、空き家の割合がもっとも高くなったのは、山梨「21.3%」。和歌山「20.3%」、長野「19.6%」、徳島「19.6%」と続きます。20%を超えたのは2県。5軒に1軒が空き家となれば、その深刻さがうかがえます。

 

1位となった山梨県は空き家問題解消のための一策として、この順位を逆手に取り、「空き家率日本一の山梨県で空き家活用ビジネス!」をすすめています。空き家を利用したい事業者向けの相談窓口を設置し、情報提供の支援をするほか、所有者側にも補助制度を創設。商業利用に伴い改修が必要な場合は、費用の2/3以内<上限250万円>を県が補助する仕組みです(特別枠の場合は改修費用の3/4以内<上限500万円>)。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!