若者にとっては普通だが…40代が「持っていない価値観」3つ (画像はイメージです/PIXTA)

日本人は持ち家に住むのが当たり前でしたが、昨今、若い人を中心に家を持たず、旅をするように暮らす生き方が話題になっています。家族持ちや企業に勤める40代には絵空事のような暮らしですが、どうなるのでしょうか。※本連載は松尾一也著『40代から深く生きる人、浅く生きる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

ライフスタイルを大きく変えられるか?

▼浅く生きる人=固定観念の呪縛から抜けられない

 

都市部に在住であれば誰でも味わう通勤ラッシュの苦痛。どこの車両を選ぶのか。どのポジションを確保するのか。まわりにガーリックなどの異臭を放つ人がいないか。神経質そうな乗客はいないか。混雑したホームで人とぶつからずに歩くのも至難のワザです。

 

そんな日常を改善したいと思う40代もたくさんいることでしょう。

 

私も休まず、遅刻せずに出社することがリーダーシップとして大事なことと思っていましたので、「痛勤」の問題はずっとなんとかならないものか悩んでいました。

 

でも、根本的に考え方、生き方を変えればそんな日々からも解放されるようになってきて、週に1回くらいの出社であとは自宅や近隣のコワークスペースで従来の仕事をこなせば成り立つリモートワークの時代が到来しました。

 

これを書いている今、新型コロナウイルス問題で推奨されたテレワークや在宅勤務が現実となり、一気に舞台がまわった感じがします。無論、メンバーがたまに直接会って交流を深める時間は大切ですが働き方もおのずと進化してきました。時代の流れにはナチュラルに対応することです。

 

もうひとつの生き方にアドレスホッパーというものがあります。

 

日本人は稲作文化の時代から定住することが当たり前でしたが、昨今、若い人を中心に家を持たず、旅をするように暮らす生き方が話題を呼んでいます。最低限の生活必需品だけにして、行きたいところへ自由に行き、Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトを活用したり、民泊をしたりして、時折仕事に戻る。

 

家族持ちや企業に勤める40代には絵空事のような暮らしですが、徐々に身近なものになっていく気がします。家賃や住宅ローンという固定費をなくし、実家や知人の家を利用する多拠点生活も多様化した現代のひとつの形です。

 

かくいう私自身、これからは自分のマンションの将来の経年劣化問題やマイカーの買い替えなどから解放されて自由に生きてみたいという願望もあります。夏は高原の庵で、冬は温暖な海辺の庵で「人間学寺子屋」が夢です。

 

なにごともありえないと思わずに検討してみる価値はあります。ライフスタイルも「生きがい」を中心に考えてみる時期です。

 

 

松尾 一也

株式会社ルネッサンス・アイズ

 

 

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載激動の「40代」を深く、愉快に生きるコツ

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

松尾 一也

海竜社

気がつけば最近、たのしいと感じる瞬間がなくなっている。モチベーションがあがらない、人間関係に疲れている。就寝する頃には自分が完全に電池切れ、燃料切れになっている……。 最近の自分、ヤバくないっ!? それを特に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ