税務調査で思わぬペナルティ発生…「名義株」疑われないための対策を税理士が解説 (写真はイメージです/PIXTA)

「相続税対策」「税務調査」のトピックとして名義預金はよく名前が挙がりますが、「名義株」にも注意する必要があります。税務調査での思わぬ追徴金・加算税を避けるためにどうすればよいのか、税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説していきます。

計画的に行えば、かなり有利に…「手続き」を解説

贈与契約は、贈与を行う前に交わされているはずですので、公証人役場に贈与契約書をもっていき、契約書が何月何日に存在していた、ということを担保してもらいます。

 

それから、株主として会社の意思決定に関わっている、という実態を記録することも大切です。株主総会に参加して、議事録にそのことを記録しておきましょう。

 

なお、株式に配当が生じたときは、株主本人の口座に入金します。これが別の人間だと、本当はその人が実質の株主ではないのか、と疑われるからです。必要に応じて、配当金の確定申告をすることも有効です。

 

逆にこれらを一切せずに、名義株を疑われたときは大変ですので、十分注意をしてください。

 

また、事業承継対策として株式を贈与するときは、計画的に行えば、かなり有利に贈与できる税制もあります。事業承継を見越して贈与を始めたいという方は、お早めに税理士に相談ください。

 

 

■動画でわかる「名義株も税務調査で問題になりやすい」

 

 

天野 清一

税理士法人・都心綜合会計事務所

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧