その他 統計
連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

65歳以上男性の国民医療費「年間80万円」…みるみる増していく国家負担の悲惨

賃金格差

65歳以上男性の国民医療費「年間80万円」…みるみる増していく国家負担の悲惨 (※写真はイメージです/PIXTA)

令和元年度の「国民医療費」が、令和3年11月9日に発表され、3年連続で最多を更新したことがわかりました。超高齢社会の日本では、今後も医療費の上昇が見込まれ、保険制度・財源なども気になるところです。厚生労働省「令和元(2019)年度 国民医療費の概況」より調査結果を見ていきましょう。

【関連記事】恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

一年で「65歳以上は75万円」「75歳以上では93万円」

「国民医療費」とは、医療保険制度等による給付、後期高齢者医療制度や公費負担医療制度による給付、患者の一部負担等によって支払われた医療費を合算したものです。保険診療の対象となり得る、傷病の治療に要した費用を指します。

 

含まれるのは、

 

●診療費(医療診療、歯科診療)

●薬局調剤医療費

●入院時食事・生活医療費

●訪問看護医療費

 

上記の4点です。保険診療の対象外である、もしくは傷病の治療にはあたらない下記の費用は含まれていません。

 

●評価療養費(先進医療など)

●選定療養費(特別の病室への入院、歯科の金属材料など)

●不妊治療における生殖補助医療などに要する費用

●正常な妊娠・分娩に要する費用

●健康診断、予防接種等に要する費用

●義眼や義肢等の費用

 

さて、令和元年度の国民医療費は44兆3,895億円、人口一人当たり35万1,800円でした。

 

前年度の国民医療費43兆3,949億円に比べ9,946億円の増加、一人当たりでは34万3,200円に比べ8,600円の増加となっており、過去3年間上昇を続けています。

 

年齢階級別に一人当たりの費用をみると、65歳未満は19万1,900円、65歳以上は75万4,200円。さらに75歳以上では93万600円という結果で、大きな上昇幅がみてとれます。

 

男女別でも見てみると、一人当たり、65歳未満の男性は19万2,500円、女性は19万1,300円、65歳以上の男性は81万5,800円、女性は70万6,700円となりました。

 

平均寿命から換算し85歳まで生きると仮定しても、単純計算で、生涯医療費の半分以上が65歳以上でかかることがわかります。また、年齢を重ねるごとに、介護費も負担を増してきます。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧