47都道府県「年間収入ランキング」1位と最下位で200万円の差 [図表]
出所:総務省『2019年全国家計構造調査』

総務省統計局『全国家計構造調査』より、都道府県別の年間収入について見ていきます。金融所得課税をはじめ、「格差是正」「分配」が昨今大きなテーマとなっていますが、働き手のお金は本当に増えるのか? まずは現状を追っていきましょう。

【全部見る】47都道府県の「年間収入」…東京「629万円」。三重「590万円」。福岡「486万円」。

都道府県別「年間収入ランキング」不動の1位、東京

衆議員選挙から今日で4日。複数の大物議員が落選、若者の投票によって結果に大番狂わせが起こるなど、各地域で波乱の展開となりました。

 

今回に限ったことではないものの、やはり気になるのは「所得が増えるのか?」という点。公明党の18歳以下10万円給付について岸田文雄首相は「しっかりと調整していく」と表明しています。

 

所得倍増計画とともに、今後の行方が注目されますが、そもそも皆の収入はいくらなのか? 現状を都道府県別に見ていきましょう。

 

総務省統計局『2019年 全国家計構造調査』によると、総世帯の1世帯当たり年間収入は「558.4万円」。2014年と比較すると、3.6%の増加となっています。 世帯区分別に見ると、勤労者世帯の年間収入は「621.5万円」。内訳としては世帯主収入が「464.4万円」、世帯主の配偶者の収入が「71.3万円」となっています。

 

一方、無職世帯の年間収入は「346.1万円」。内訳としては公的年金・恩給給付が「202.2万円」、他の世帯員収入が「49.3万円」となっています。

 

総世帯の年間収入を都道府県別に見てみると、1位は東京「629.7万円」と最も多く、2位神奈川「615.4万円」、3位愛知「613.4万円」、5位富山「612.4万円」、6位福井「608.8万円」と続きます[図表]。

 

東京、神奈川に関しては、最低賃金が「1041円」「1040円」と他県と比べて群を抜いていますから、この順位はある程度納得といえるでしょうか。3位の愛知については、都道府県別の「金融資産残高」「家計資産総額」でも同位を獲得しています。「ガッチリ」の県民性がうかがえるかもしれません。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!