100軒に1軒が「家賃滞納」…絶体絶命のアパマン経営者が増加 ※画像はイメージです/PIXTA

「相続した賃貸物件」で家賃滞納が発生……これに頭を抱える不動産オーナーが増えています。空き家問題にもつながる「家賃滞納」の厳しい現況を、データから詳しく見ていきましょう。

「築古の賃貸物件の相続」で悩まぬよう事前対策が重要

 

日本の平均寿命は女性が87.74歳、男性が81.64歳。これはあくまでも平均で、高齢者になればなるほど平均余命は伸びていきます。最近は高齢者であっても健康で元気な人も増えていますから、いまいち、万が一のことが想像できなくなっています。

 

しかし相続が突然発生することは珍しくありません。遺産を整理していたら、築何十年も経ち、交通の便も悪く、さらにところどころ腐敗までしている賃貸物件が見つかった……。入居者はいるものの、家賃滞納が発生していて、収益としては赤字……。いつ、そんな迷惑な相続に巻き込まれるとも限らないのです。

 

このような相続トラブルの防止のためにも、常日頃から相続の話をしておくことが大切。そして不動産に関して、相続したいと願うのであれば、築古のものはリフォームやリノベーションにより、物件価値を高め、空室リスク対策を講じておくことが肝心です。

 

相続人であっても、そのような不動産が将来相続される可能性があると分かっていれば、リフォームやリノベーションを促しておく。そうすれば、突然の相続で後悔することもなくなるでしょう。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ