積もり積もって大爆発!家族の死後「きょうだい格差」で揉める日本人の恐ろしい末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

高齢化が進む今、「相続トラブル」はより一層身近な話題になりました。十数人の親族を巻き込んだ大騒動……とはならずとも、きょうだい間の争いはかなりの頻度で発生しています。

「お金がない家族ほど遺産分割で揉める」という指摘

「うちには相続争いになるほど財産はないだろうから、心配しなくても大丈夫だ」

 

相続ビジネスが過熱する今、このような考えを持つ人も減ってきたのではないでしょうか。「生前対策」「相続トラブル」といった言葉は、日本で高齢化が進むとともに広く知られるようになりました。

 

遺産分割調停は2015年度に12,577件、2020年度に13,801件と、毎年1万件以上発生しています。相続問題でもめている約3割が相続金額1,000万円以下、約4割が1,000~5,000万円未満の家族・親族ですから、お金持ちに限った話ではないのです(司法統計より)。

 

実際のところ、「どのくらいの遺産を自分はもらえるのか?」が争点になるのはもちろんですが、その思いをさらに深く掘り下げると「(きょうだいや親族と比べて)自分は得しているか」「損しているか」が大き関わっていることがわかります。

 

相続のプロの間では、「お金がない家族ほど遺産分割で揉める」という指摘すらあります。

 

"相続遺産が少ない場合、まさかもめるとは思わず、話し合いをしない。「分けるほどの額でもない」「うちは庶民だから相続は関係ない」などと思ってしまう。実はそこに問題がある。

 

亡くなる人にとっては少額のお金でも、相続人から見れば喉から手が出るほど欲しいお金かもしれない。いくらかでもお金があると知れば「もらえるならもらいたい」と思うだろうし、兄弟の誰かがもらえば「自分ももらいたい」と思う。それが人間というものだ。"(2018/7 髙野眞弓『炎上する相続』)

 

遺産を均等に分けたとしても、個人個人と親との関係性次第で、大問題に発展してしまうケースもあるのです。長男にだけ結婚準備金を渡した……長女の留学代を負担した……次男にはつきっきりで介護をしてもらった……。ある意味、「不平等」ともいえる待遇を、ほかのきょうだいは忘れません。

 

下記はその典型例といえましょう。遺言を開いた、とある家族が……。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ