手取り34万円…日本の仲良し家族「住宅ローン返済額」の悶絶 (※写真はイメージです/PIXTA)

人生の一大イベントであるマイホーム購入。勢いで買いました!…とはならなくとも、「住宅ローンが不安でならない」という人は多いのではないでしょうか。本記事では「日本人の住まい」について、解説していきます。

【関連記事】自宅に「家を売りませんか?」というチラシが頻繁に入る理由

月収40万円の4人家族は住宅ローンを払えるか?

■住宅ローン返済額、年間116.5万円

 

国土交通省『平成30年度 住宅市場動向調査』によると、住宅ローンの年間返済額は、全国平均で116.5万円、三大都市圏平均で131.6万円です。

 

さらに詳しく見ていきましょう。分譲戸建住宅取得世帯で平均116.7万円、分譲マンション取得世帯で平均130.9万円。また、年収に対する住宅ローンの返済負担率は、それぞれ平均17.5%、16.4%です。

 

中古住宅のローン年間返済額は、中古戸建住宅取得世帯で平均115.3万円、中古マンション取得世帯で平均104.3万円となっています。

 

新築や中古住宅では、返済期間や金利によって返済額に差がでるためあくまで概算ですが、いずれにせよ、家計の支出に大きく影響する数字であることには間違いありません。

 

2019年『国民生活基礎調査の概況』(厚生労働省)によると、日本の平均世帯年収は552万円です。月収ベースでは月46万円ということになります。このような資金繰りにおいて、住宅ローンは日々の暮らしをどれほど圧迫するものなのでしょうか。永田雄三氏の書籍『富女子宣言』を見てみると…。

 

“普通のサラリーマン家庭の収支計算をシミュレーションしてみましょう。ボーナスを含めて、世帯平均年収を500万円とします。この場合、平均月収は約40万円です。そして、子どもが2人いるとすると、毎月の収支はこのようになります。

 

●税引後手取り収入 34万円

●支出

・食費 10万円

・光熱費 2万円

・教育費 3万円

・通信費 3万円

・交際費 4万円

・保険、貯蓄 5万円

・雑費 3万円

●残り 4万円”『富女子宣言』

 

ここに月額数万円~数十万円の住宅ローンが重なれば、生活が厳しくなってしまうのも当然といえましょう。

住宅ローン「理解していない」40%超えの衝撃度

住宅金融支援機構『住宅ローン利用者の実態調査【住宅ローン利用者調査(2020年11月調査)】』では、変動型や固定金利選択型で住宅ローンを組んでいる人に商品特性やリスクに関する理解度について聞いたところ、「理解しているか少し不安」「よく理解していない」「全く理解していない」が合わせて40%~50%を占めていることが発表されています。「なんとなく」で莫大なローンを組んでいる実態が見て取れます。

 

「細かい数字見てもよくわからないし、まあ、プロに任せておけば大丈夫でしょ」…そんな油断は禁物です。不動産取引の経験を持つグランドネクスト株式会社代表・小島優一氏は下記のような例を挙げ、リスク喚起をしています。

 

“怖い一例があります。他の仲介会社で不動産を購入されたお客様ですが、その仲介会社で十分な説明を受けずに、すすめられた銀行で住宅ローンを組み売買契約をしていました。そのお客様は5,950万円の都内マンションをフルローンで購入しており、よくよく調べてみると、35年間に金利だけで800万円も支払うことに気づいてしまったのです。「もっといい条件の銀行があったのでは…」と後悔の日々を送っているとのことでした。”(2021/3/24 幻冬舎ゴールドオンライン連載『都内マンションを購入したが…大後悔した「住宅ローン返済額」』)

 

マイホームは人生で最も大きな買い物のひとつ。人生設計に沿った住宅ローンを組むためには、情報収集はもちろんのこと、税控除の確認、セカンドオピニオンへのヒアリングは必須といえましょう。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!