「最期は家で」…がん末期患者の希望を叶えた在宅医の「涙」

厚生労働省の意識調査(2017年)によると、日本国民が最期を迎えたい場所として「自宅」が69.2%と最多となった一方、同省が公表した人口動態(2019年)によると、実際の死亡場所は「病院」が71.3%と最も多く、「自宅」は13.6%に留まるなど、希望と現実には大きな乖離が生じています。がんの末期患者が最期を迎える場所として「自宅」を希望したとき、医師や患者の家族は本人に対して何ができるのか。医療法人あい友会理事長の野末睦氏が在宅医として経験した、ある忘れられない経験を語ります。

在宅医療の選択によりもたらされた「最期の時間」

鈴木さんは、その退院調整会議から一週間後に退院し、私は退院翌日のお昼頃、鈴木さん宅に訪問診療に伺いました。

 

太田市の郊外の田園の中に1軒で独立して立っている築5年くらいの素敵なお家で、家の周りにはうずたかく薪が積まれています。

 

玄関のチャイムを鳴らして、ドアを開けると、3匹の小さな黒い犬が出迎えてくれました。私も、同行した看護師も、歓迎してくれているのかと思わず笑顔になりました。

 

退院調整会議でお会いした義娘さんに出迎えてもらって、玄関のすぐ脇にある、木の香りが満ちたフローリングのリビングに入っていきました。壁も木でできていて、薪ストーブが据えられています。大きく開かれたガラスの開口からは、眼前に広がる田んぼが見渡せます。

 

「こんなに素敵な家なら、最期の時を過ごしたいという希望も当然だな」と思いました。鈴木さんは、そんな素敵なリビングに続く部屋の電動ベッドの上で静かに休んでいました。

 

もともとはダイニングとして使われている部屋です。そのベッドの傍らで、義娘さんは笑みを浮かべながら、昨日からの様子を語ってくれました。

 

その話によると、鈴木さんの退院後、ご近所や少し遠いところに住んでいる、本当に近しい親戚が入れ代わり立ち代わり訪れて、4時間近くも話し続けたそうです。そのあと、急に静かになったかと思ったらうわごとを一晩中言い続け、今朝になって、やっと静かに眠るようになったとのこと。

 

診察の際、呼びかけに対し、やっとうっすら目を開けるけれど、またすぐに閉じてしまい、声を出すことはできない様子でした。また、血圧は少し低めですが、100はあり、脈もしっかりしていました。ただ、おしっこがあまり出ていないとのことや、幸い痛みはないようだということなどがわかりました。

 

かなり弱ってきているとは思いましたが、昨日からの様子を聞き、「退院できてよかった」と思いながら、帰路につきました。

 

医療法人 あい友会 理事長

1957年生まれ。82年筑波大学医学専門学群卒業、91年筑波大学臨床医学系(外科)講師。
93年 ハーバード大学医学部マーサチューセッツ総合病院研究員を経て、2002年庄内余目病院院長就任。06年 庄内余目病院創傷ケアセンター長兼務。14年 あい太田クリニック、20年 あい庄内クリニック、21年 あい駒形クリニックを開設。現在 医療法人 あい友会理事長兼 あい太田クリニック院長。
国内の7割以上が常勤医1名の過酷な訪問診療の現状に対し、多人数の医師体制にすることにより多くの患者へ高質な在宅医療特有の専門医療を提供出来る新しいモデルを構築。

著者紹介

連載現役医師が語る「在宅医療」の現状

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧